メディア
連載
» 2020年10月20日 11時00分 公開

LEDの特性(4)輝度補正やRCDドライバを使用した回路案DC-DCコンバーター活用講座(39)(2/5 ページ)

[Steve Roberts(RECOM),EDN Japan]

RCDドライバを使用した回路案

図5:0〜4.5V調光制御(0=0%、4.5V=100%)

動作原理

 レールツーレールオペアンプは、反転アンプとして設定されています。非反転入力は、120kと100kの抵抗分圧器チェーンによって2.25Vの「仮想グランド」電圧に保持されます。入力電圧が0Vの場合は、反転入力電圧も2.25Vにするために、オペアンプ電圧を4.5Vにする必要があります。入力電圧が10Vの場合は、1k2と1k0の入力分圧器が、アンプにかかる入力電圧を4.5Vに下げます。オペアンプへの入力は、出力電圧が0Vの場合のみバランスします。

 この回路に多少の変更を加えれば、1〜10Vの制御電圧を得ることができます。

図6:1〜10V調光制御(1=0%、10V=100%)

動作原理

 レールツーレールオペアンプは、反転アンプとして設定されています。非反転入力は、100kの抵抗分圧器チェーンによって2.5Vの「仮想グランド」電圧に保持されます。入力電圧が1Vの場合は、1k0の入力分圧器が、アンプにかかる入力電圧を0.5Vに下げます。オペアンプへの入力は、出力電圧が4.5Vの場合のみバランスします。入力電圧が10Vの場合は、入力分圧器が、アンプにかかる入力電圧を5Vに下げます。オペアンプへの入力は、出力電圧が0Vの場合のみバランスします。

図7:簡単なポテンショメーター調光器

動作原理

 入力電圧が安定化されていない場合(例えばバッテリーの場合)は、調光入力電圧を安定化する必要があります。この場合に必要なのは簡単なツェナーダイオードだけですが、極めて正確な調光制御が求められる場合は、5Vレギュレーターを使用することもできます。

図8:高精度のポテンショメーター調光器

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.