メディア
連載
» 2020年10月20日 11時00分 公開

LEDの特性(4)輝度補正やRCDドライバを使用した回路案DC-DCコンバーター活用講座(39)(3/5 ページ)

[Steve Roberts(RECOM),EDN Japan]

PWMによるアナログ調光

 アナログ調光入力はPWM入力とともに使用できます。これは、PWM入力の最大周波数制限をなくし、内蔵タイマーに基づくPWM出力を持ち、低周波PWM信号の出力が容易でないようなマイクロコントローラーの場合に有効です。

 この方法の欠点は、新しい平均入力電圧レベルまでコンデンサーを充電あるいは放電しなければならないため、調光レベルの変化に対するLED出力の応答時間が遅いことです。

図9:PWM-アナログ調光制御

マニュアル制御PWMジェネレーター

 PWM信号には、非常に長い距離を損失なしで信号を伝送できるという利点に加え、外部干渉に対する耐性が高いという利点があります。

 場合によっては、PWMのマーク/スペース比をマニュアルで制御(例えばポテンションメーターを使用)した方が、デジタル信号を生成するより良いこともあります。

 以下に示す2つの回路は、RCDシリーズ用のシンプルな汎用PWMジェネレーターの例です。

図10:555ベースのPWMジェネレーター(ポテンショメーター制御)
図11:コンパレーターベースのPWMジェネレーター(ポテンショメーター制御または電圧制御)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.