メディア
ニュース
» 2020年10月21日 09時00分 公開

SMK BT801シリーズ:BluetoothとBLEの双方に対応する通信モジュール

SMKは、通信モジュール「BT801」シリーズとして、「BT801」「BT801-AP2」を発表した。Bluetooth ClassicとBluetooth Low Energyの双方に対応したデュアルモードBluetoothモジュールで、従来品と互換性があるため、容易に置き換えられる。

[EDN Japan]

 SMKは2020年10月、Bluetooth ClassicとBluetooth Low Energy(BLE)の双方に対応したデュアルモードBluetoothモジュール「BT801」シリーズとして、「BT801」「BT801-AP2」を発表した。

デュアルモードBluetoothモジュール「BT801」シリーズ

 両製品は、大容量のデータを高速伝送できるBluetooth Classicと、低速であるものの低消費電力でIoT(モノのインターネット)機器に適したBLE両方のアプリケーションを内蔵している。

 BT801は、BluetoothプロファイルのSPP(Serial Port Profile)とSMKが開発した通信サービスSSS(SMK Serial port Service)を実装しており、どちらも容易に使用できるコンプリートモジュールだ。BT801-AP2は、BT801の機能に加えてAppleのiAPプロトコルにも対応しており、「iPhone」や「iPad」とのデータ通信が可能となっている。

従来品からの置き換えが容易

 両製品は、同社従来品 「BT401」シリーズと形状が同じで端子に互換性がある。コマンドも上位互換となっているため、置き換えが容易だ。

 サイズは両製品とも25.0×11.0×2.3mmで、動作温度範囲は−40〜+85℃。モバイルプリンタやバーコードリーダー、計測器、ヘルスケア機器、スマートフォンアクセサリーなどでの用途が見込まれる。

 既に受注を開始しており、量産開始はBT801が2020年12月、BT801-AP2が2021年3月を予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.