メディア
ニュース
» 2020年11月04日 09時00分 公開

NXP Trimension SR040、SR150:測位、測距機能を備えたIoT向けUWBデバイス

NXPセミコンダクターズは、IoT向けの測位、測距機能を備えた超広帯域無線(UWB)デバイス「Trimension SR150」「Trimension SR040」を発表した。スマートロックなどの新しいIoT技術向けに最適化され、高精度で相対的な位置情報を提供する。

[EDN Japan]

 NXPセミコンダクターズは2020年10月、IoT(モノのインターネット)向けの測位、測距機能を備えた超広帯域無線(Ultra-Wideband:UWB)デバイス「Trimension SR150」「Trimension SR040」を発表した。スマートロックやリアルタイムロケーションシステム(RTLS)タグなどの新しいIoT技術向けに最適化され、高精度で相対的な位置情報を提供する。

UWB技術がオブジェクトを正確に追跡

高精度の測位、測距と低消費電力に対応

 Trimension SR150は、到達角度技術を採用し、高精度の測位および測距に対応する。UWBアンカーが人や物体の移動に対応して位置を特定するため、一部屋に同製品を複数配置することも可能だ。入退出管理システムや屋内位置特定システム、決済、民生用電子機器などの用途を見込む。

 Trimension SR040は、低消費電力動作向けで、バッテリーで駆動するUWBトラッカーやタグなどのIoTデバイスに適している。Bluetooth Low Energyや他のコネクティビティコントローラーと組み合わせて、1デバイスに統合することもできる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.