メディア
ニュース
» 2020年11月18日 09時00分 公開

STマイクロ VL53L5:64の測距ゾーンに対応したToF測距センサー

STマイクロエレクトロニクスは、最大64の測距ゾーン対応のダイレクトToF測距センサーモジュール「VL53L5」を発表した。従来品と比較してタッチフォーカスや複数のターゲット識別などの性能が向上している。

[EDN Japan]

 STマイクロエレクトロニクスは2020年10月、最大64の測距ゾーン対応のダイレクトToF(Time-of-Flight)測距センサーモジュール「VL53L5」を発表した。現在量産中で、スマートフォンおよびコンピュータの主要メーカー向けに出荷している。

ToF測距センサーモジュール「VL53L5」

 VL53L5は、同社のToF測距センサーシリーズ「FlightSense」の新製品となる。940nmの垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)光源、VCSELドライバーを集積したSoC、単一光子アバランシェダイオードの受光アレイ、324ビットマイクロコントローラー、アクセラレーターで構成されている。

タッチフォーカスや複数のターゲット識別などの性能が向上

 VL53L5は、受信開口部の光学素子が64の測距ゾーンを形成し、測距性能は4m。従来品と比較してタッチツーフォーカスや複数のターゲット識別、フラッシュ調光、動画トラッキングアシストなどの性能が向上した。

 パッケージサイズは6.4×3.0×1.5mm、視野角は対角61度で、中心から外れた被写体のオートフォーカスに適する。また、SPADの受光アレイは、空間分解能を優先する場合には最大15フレーム/秒で全64ゾーンを、最大測距距離を優先する場合には60フレーム/秒で16ゾーンを出力できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.