メディア
ニュース
» 2020年11月20日 09時00分 公開

テレダイン Summit T516:PCIe Gen 5およびCXL対応のアナライザー

テレダイン・ジャパンは、PCIe 5.0およびCXL対応のプロトコルアナライザー「Summit T516」を発表した。転送速度は32GT/秒で、レーン幅は最大x16、バッファーメモリは256Gバイトとなっている。

[EDN Japan]

 テレダイン・ジャパンは2020年11月、PCI Express 5.0(PCIe Gen5)およびCXL(Compute Express Link)対応のプロトコルアナライザー「Summit T516」を発表した。ワークステーション、デスクトップ、グラフィックス、ストレージ、ネットワークカードアプリケーションでの利用を見込む。

PCIe Gen5およびCXL対応のプロトコルアナライザー「Summit T516」

転送速度32GT/秒、最大16レーンに対応

 Summit T516の転送速度は32GT/秒で、レーン幅は最大x16、バッファーメモリは256Gバイト。PCIe Gen4規格の2倍の性能を活用し、遅延を大幅に削減している。

 直感的なCATC Trace解析ソフトウェアシステムや、カラフルで使いやすいディスプレイ表示を搭載。階層表示、プロトコルトラフィックのサマリー表示、詳細なエラーレポート、テストレポート作成機能などを備える。

 イーサネットLANポートにも対応しており、システムの遠隔操作やアナライザーの共有ができる。エラーや性能低下の原因を素早く特定することで、デバイスやシステムの最適化、安定性、操作性の検証をサポートする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.