メディア
ニュース
» 2020年11月24日 09時00分 公開

4出力を集積、小型かつ高電力密度のSIMO PMICマキシム MAX77655

Maxim Integrated Productsは、4出力のSIMO PMIC「MAX77655」を発表した。競合品よりサイズを70%縮小し、電力密度を85%向上。ウェアラブル機器、IoTセンサーノード、ヘルスモニターなどの利用を見込む。

[EDN Japan]

 Maxim Integrated Products(マキシム インテグレーテッド プロダクツ)は2020年11月、4出力の単一インダクターマルチ出力(SIMO)パワーマネジメントIC(PMIC)「MAX77655」を発表した。1000個以上購入時の価格は1.50米ドル。評価キット「MAX77655EVKIT#」も135米ドルで入手可能だ。

4出力のSIMO PMIC「MAX77655」

サイズは70%縮小、電力密度は85%向上

 MAX77655は、4つの電源が1つのインダクターを共有することで、基板サイズを17mm2に抑えている。また、最大700mA(3.7Vin、1.8Vout)を供給し、演算能力やセンサーリソースの追加による負荷電流増加にも対応。これらにより、競合品よりサイズを70%縮小し、電力密度を85%向上している。

 さらに、中負荷から重負荷の条件下では90%のレギュレーター効率を示し、軽負荷条件下では自己消費電流を6.9μAに抑えることで効率を高めた。これにより、バッテリーの寿命を延長する。

 また併せて、500mA未満のシステム向けに、3出力で効率93%のSIMO PMIC「MAX77643」「MAX77642」も発表した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.