メディア
ニュース
» 2020年11月25日 09時00分 公開

Qi規格準拠の50Wワイヤレス充電ICSTマイクロ STWLC88

STマイクロエレクトロニクスは、Qi規格準拠のワイヤレス充電IC「STWLC88」を発表した。50W出力で、スマートフォンやタブレット、ノートPCなどパーソナル電子機器を短時間で充電できる。

[EDN Japan]

 STマイクロエレクトロニクスは2020年11月、Qi規格準拠のワイヤレス充電IC「STWLC88」を発表した。既に量産を開始しており、4.0×4.5×0.6mmのWLCSPパッケージで提供され、大量購入時の参考価格は約2.5米ドル。評価ボード「STEVAL-ISB88RX」も用意している。

Qi規格準拠の50Wワイヤレス充電IC「STWLC88」

同期整流回路とLDOレギュレーターを搭載

 STWLC88は、WPCのQi 1.2.4 EPP規格に準拠し、Qi EPP認定トランスミッターと完全な互換性を有する。32ビットArm Cortexマイコンを採用し、低インピーダンスの同期整流回路とLDOレギュレーターを搭載。出力は最大50Wで、送電(Tx)モードでは最大12Wを出力できる。スマートフォンやタブレット、ノートPCなどパーソナル電子機器を短時間で充電し、スマートフォンの場合は従来の2倍の速さで充電できる。

 また、高出力時のASK、FSK通信に対応する専用ハードウェアと高度なアルゴリズムを採用。他に、異物検出機能、過熱保護、過電圧保護、過電流保護機能を搭載している。

 I2Cインタフェースを介して、ファームウェアやプラットフォームの開発時に機器のパラメーターをカスタマイズできる。内蔵FTP(Few Times Programmable)不揮発性メモリを利用すれば、1000回以上の再プログラムが可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.