メディア
ニュース
» 2020年11月27日 09時00分 公開

高効率5G無線ソリューションを共同開発ザイリンクス 高効率5G無線ソリューション

ザイリンクスは、エネルギー効率の高い5G無線向けソリューションを、テキサス・インスツルメンツと共同開発する。ザイリンクスの適応型IPやSoCとテキサス・インスツルメンツのRFトランシーバーを組み合わせて、無線システムの電力効率を高める。

[EDN Japan]

 ザイリンクスは2020年11月、エネルギー効率の高い5G(第5世代移動通信)無線向けDFE(デジタルフロントエンド)ソリューションを、テキサス・インスツルメンツと共同開発すると発表した。

「Zynq UltraScale+ MPSoC」ファミリー

 ザイリンクスの「Zynq UltraScale+ MPSoC」ファミリーおよび適応型RF IPと、テキサス・インスツルメンツのクアッドチャンネルRFトランシーバー「AFE7769」を組み合わせることで、RFの性能や屋内外の無線アプリケーションの電力効率を高める。

RFパワーアンプを高効率化

 ザイリンクスの適応型デジタルRF IPは、クレストファクター低減(CFR)やデジタルプリディストーション(DPD)といった専用の機能を搭載しており、広い無線帯域幅とキャリア構成に対応する。

 同IPは、Zynq UltraScale+ MPSoCデバイスに搭載された残りのPHYプロセッシングと統合されており、複雑なマルチRATや5G波形のシグナルダイナミクスを処理できる。これらによってRFパワーアンプの効率を高めることで、5G通信の性能を引き出す無線システムの構築が可能となる。

 今回の共同開発により、両社は大規模通信事業者やプライベートネットワークにおける運営コスト、設備投資の負担軽減に寄与する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.