メディア
ニュース
» 2020年12月02日 09時00分 公開

車載向けセーフティパワーマネジメントICNXP FS26

NXPセミコンダクターズは、セーフティ機能を備えた車載向けパワーマネジメントIC「FS26」を発表した。ECU開発に必要なハードおよびソフトウェア、セーフティ機能を備えており、自動車安全水準の「ASIL B」「ASIL D」に対応する。

[EDN Japan]

 NXPセミコンダクターズは2020年11月、セーフティ機能を備えた車載向けパワーマネジメントIC「FS26」を発表した。第3世代となるASIL D向けセーフティパワーマネジメントソリューションで、拡張性を備えたシステム制御と安全機能を容易に実装可能になる。

車載向けパワーマネジメントIC「FS26」

 同製品は、ECU開発に必要となるハードウェアやソフトウェア、セーフティ機能を備えている。安全面では、同社のセーフティプログラム「SafeAssure」を採用しており、自動車安全水準の「ASIL B」「ASIL D」に対応した。

MCUファミリー「S32K3」とのリファレンスデザイン

 同社が2020年11月に発表した車載向けMCUファミリー「S32K3」とFS26を組み合わせて用いることで、安全機能が統合され、実装が容易になる。S32K3向けのFS26は既に提供を開始しており、自動車の電動化や車載ボディーエレクトロニクス、バッテリーマネジメントなどでの利用が見込まれる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.