メディア
ニュース
» 2020年12月16日 09時00分 公開

高い放射効率を有する小型アンテナ日本航空電子工業 AN01シリーズ

日本航空電子工業は、高い放射効率を有する小型アンテナ「AN01」シリーズの販売を開始した。最大90%以上の高い放射効率を誇り、製品の横幅が対応する波長の10分の1程度に抑えられている。

[EDN Japan]

 日本航空電子工業は2020年12月、高い放射効率を有する小型アンテナ「AN01」シリーズの販売を開始した。ラインアップは2.4GHz、5GHz、920MHzで、3つのアンライセンス周波数帯に対応。Wi-FiやBluetooth機器などの民生用無線端末、スマートメーターなどの産業用IoT(IIoT)機器、車載機器といった幅広い用途に適用できる。

小型アンテナ「AN01」シリーズ

横幅は波長の10分の1程度

 AN01シリーズには、人工材料メタマテリアルの構成要素の1つで最小級の「スプリットリング共振器」が採用されており、いずれも最大90%以上と高い放射効率を誇る。放射特性は全方位に近く、周囲の金属部品や誘電体からの影響を軽減する。

 また、横幅サイズが小型化しており、2.4GHz向けは12.5mm、5GHz向けは13mm、920MHz向けは30mmと、それぞれの無線周波数に対応する波長の10分の1程度となっている。さらに、表面実装(SMD)構造の採用により、マウンターによる自動実装に対応するため、設計の自由度が向上し、実装コストの削減にも寄与する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.