メディア
ニュース
» 2021年02月12日 09時00分 公開

帯域400MHz、電圧範囲2kVの高電圧差動プローブテレダイン・レクロイ HVD3220

テレダイン・レクロイは、400MHz帯域、電圧範囲2kVの高電圧差動プローブ「HVD3220」を発表した。最高0.35%のゲイン精度と優れたCMMRを備え、高速動作するパワーエレクトロニクスの測定に適している。

[EDN Japan]

 テレダイン・レクロイは2021年1月、400MHz帯域、電圧範囲2kVの高電圧差動プローブ「HVD3220」を発表した。高速動作するパワーエレクトロニクスの測定に適している。

低ノイズ性能で、ゲイン精度は最大0.35%

 周波数帯域は400MHzで、電圧範囲は差動およびコモンモード共に2000V(DC+ピークAC)。ゲイン精度は最大0.35%で、低ノイズプローブと高オフセット性能を組み合わせた高いCMMR(同相除去比)を備える。測定電圧に応じて、減衰率を50:1、100:1、250:1、500:1から選択できる。

400MHz高電圧差動プローブ「HVD3220」

 AutoZero機能を搭載し、オフセットドリフトの校正が可能。ProBusインタフェースにより、外部電源を不要にした。オシロスコープとの互換性も高い。1500VDC CATIIIおよび2000V(DC+ピークAC)CATI定格に対応する。

 SiC(炭化ケイ素)やGaN(窒化ガリウム)などの次世代半導体を用いた高速コンバーター、ハイパワーのインバーターの測定に対応する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.