メディア
ニュース
» 2021年02月16日 09時00分 公開

5Gミリ波の温度試験対応チャンバーアンリツ Temperature Testing Option MA8172A-010

アンリツは、5Gミリ波の温度試験に対応した「CATR Anechoic Chamber MA8172A」のアップグレードオプション「Temperature Testing Option MA8172A-010」を発売した。

[EDN Japan]

 アンリツは2021年2月、5Gミリ波の温度試験に対応した「CATR Anechoic Chamber MA8172A」のアップグレードオプション「Temperature Testing Option MA8172A-010」を開発し、販売を開始した。

 MA8172Aは、3GPP規格に準拠したCATR(Compact Antenna Test Range)方式により、5Gのミリ波試験に対応したチャンバーだ。今回のアップグレードにより、エアコンなどを用いて−10〜+55℃の温度試験を実施可能になった。

5Gのミリ波試験対応チャンバー「CATR Anechoic Chamber MA8172A」

低温、常温、高温での連続試験も可能

 同社の5G研究開発用テスター「Radio Communication Test Station MT8000A」や5G認証試験用システム「New Radio RF Conformance Test System ME7873NR」と併用することで、低温および高温環境下での5Gミリ波端末のRF特性を調べられる。

 低温、常温、高温での連続試験も可能となっており、5Gミリ波試験の効率化に寄与する。アップグレードしたチャンバーを新たに購入できるほか、既に購入したチャンバーのアップグレードにも対応した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.