メディア
ニュース
» 2021年04月12日 09時00分 公開

O-RAN準拠のASICベース5G無線プラットフォームアナログ・デバイセズ 5G無線プラットフォーム

アナログ・デバイセズは、O-RAN準拠の5G無線ユニット向けASICベース無線プラットフォームを発表した。ベースバンドASICや次世代トランシーバー、信号処理、電源などが組み込まれており、5G O-RANエコシステムの開発に貢献する。

[EDN Japan]

アナログ・デバイセズは2021年3月、O-RAN準拠の5G無線ユニット向けASICベース無線プラットフォームを発表した。ベースバンドASICやソフトウェアトランシーバー、信号処理、電源などO-RAN準拠の5G無線ユニット開発に必要な機能が組み込まれており、5G O-RANエコシステムの開発に貢献する。

Low-PHYベースバンドASICと次世代トランシーバーを統合

 Low-PHYベースバンドASICは、LTE、5G、NB-IoTをサポートし、O-RAN 7.2xに準拠している。IEEE1588 Precision Time Protocolにも対応し、eCPRIインタフェースを備える。

O-RAN準拠5G無線プラットフォームのイメージ

 次世代トランシーバーはデジタルフロントエンド(DFE)を備え、GaNパワーアンプ向けデジタルプリディストーション(DPD)、クレストファクタリダクション(CFR)、チャンネルデジタルアップコンバーター(DUC)およびダウンコンバーター(DDC)機能を実装している。

 O-RANエコシステムは、オープン規格を使って従来のネットワークを再構築し、より高い柔軟性と機能をキャリアネットワークに追加できる。同プラットフォームは性能向上とフォームファクタの小型化、開発期間の短縮、消費電力とコストの削減により、O-RANエコシステムの普及に貢献する。

 同社では、2021年後半に技術評価用プラットフォームの提供を予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.