メディア
ニュース
» 2021年04月14日 09時00分 公開

ガルバニック絶縁型シグマデルタモジュレーターSTマイクロ ISOSD61、ISOSD61L

STマイクロエレクトロニクスは、ガルバニック絶縁型の二次シグマデルタモジュレーター「ISOSD61」「ISOSD61L」を発表した。±320mVまでのアナログ入力信号を、最大25Mサンプル/秒で1ビットのデジタルデータストリームに変換する。

[EDN Japan]

STマイクロエレクトロニクスは2021年3月、ガルバニック絶縁型の二次シグマデルタモジュレーター「ISOSD61」「ISOSD61L」を発表した。既に量産中で、1000個購入時の単価は2.5米ドル。8mmの沿面距離と空間距離を確保したSO16W表面実装型プラスチックパッケージで提供する。

 両製品は、A-Dコンバーターと絶縁型UARTペリフェラル機能を1チップに集約し、±320mVまでのアナログ入力信号を、最大25Mサンプル/秒で1ビットのデジタルデータストリームに変換する。

A-Dコンバーターの分解能は16ビット、SN比は86dB

 ISOSD61はTTLおよびCMOS対応のクロック入力とデータ出力信号レベルを利用可能で、ISOSD61LはLVDS(低電圧差動信号)に対応する。いずれもA-Dコンバーターの分解能は16ビット、SN比は86dB。25MHzの外部クロック入力にも対応する。

ガルバニック絶縁型の二次シグマデルタモジュレーター「ISOSD61」「ISOSD61L」

 一次側、二次側とも、6kVまでの最大過渡絶縁電圧および、サージ絶縁電圧を通常の動作条件においても1.2kVまでの最大動作電圧を保証する。コモンモード過渡電圧耐性は30kV/マイクロ秒としている。動作温度範囲は−40〜+125℃だ。

 モーター制御やEV用充電ステーション、太陽光発電システム用インバーター、UPS(無停電電源装置)、サーバや通信機器の電源などの産業アプリケーションに適する。評価ボード「EVALST-ISOSD61T」「EVALST-ISOSD61L」も用意している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.