メディア
ニュース
» 2021年04月23日 09時00分 公開

低EMI電源向けの同期降圧DC-DCコントローラー日本TI LM25149-Q1、LM25149

日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は、42V同期降圧DC-DCコントローラー「LM25149-Q1」「LM25149」を発表した。アクティブEMIフィルターとデュアルランダムスペクトラム拡散技術を搭載し、車載や産業用途に適する。

[EDN Japan]

 日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は2021年4月、低EMI(電磁干渉)の小型電源設計を可能にする42V同期降圧DC-DCコントローラーとして、車載向け「LM25149-Q1」と産業向け「LM25149」を発表した。

アクティブEMIフィルターを内蔵し、伝導EMIを最大55dBμV削減

 両製品は、アクティブEMIフィルター(AEF)とデュアルランダムスペクトラム拡散(DRSS)技術を搭載することで、多くの周波数帯で電源設計の伝導EMIを最大55dBμV削減できる。内蔵AEFは、150kHz〜10MHzの低周波数帯の伝導EMIを検出して低減し、DRSSは、低周波から高周波数帯までのEMI削減に貢献する。そのため、車載EMI規格のCISPR(国際無線障害特別委員会)25クラス5への適合も容易だ。

42V同期降圧DC-DCコントローラー「LM25149-Q1」「LM25149」利用イメージ

 内蔵AEFはパッシブ部品にかかるフィルタリングの負担を軽減するため、外付けEMIフィルターの面積を約50%、体積で75%以上削減できる。これにより、電源ソリューションの低EMI化と小型化の両立が可能になる。

 入力電圧範囲は3.5〜42Vで、ブートストラップダイオード、ループ補償、出力電圧帰還部品を備え、2相インターリーブ動作にも対応する。

 両製品とも、3.5×5.5mmの熱特性強化型24ピンVQFNパッケージで提供する。量産前製造分は同社Webサイトから入手可能で、1000個受注時の参考単価は、LM25149-Q1が1.42ドル、LM25149が1.2ドル。評価モジュール「LM25149-Q1EVM-2100」も75ドルで購入可能だ。量産品は、2021年第4四半期からの提供開始を予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.