メディア
ニュース
» 2021年04月26日 09時00分 公開

Li電池電圧モニター用アナログフロントエンドICリコー R5602シリーズ

リコー電子デバイスは、4〜7セルLi電池のセル電圧モニター用アナログフロントエンドIC「R5602」シリーズを発売した。高精度かつ低消費電力の電圧モニターが可能で、Li電池の長寿命化に貢献する。

[EDN Japan]

 リコー電子デバイスは2021年4月、4〜7セルLi電池のセル電圧モニター用アナログフロントエンドIC「R5602」シリーズを発売した。高精度かつ低消費電力の電圧モニターが可能で、Li電池の長寿命化に貢献する。既にサンプル受注に対応し、1000個購入時の参考価格は550円(税込)。月産100万個の体制としている。

電圧モニター精度は±30mV、スタンバイ電流は1.0μA

 R5602シリーズは、LiイオンおよびLiポリマー電池に対応し、各セルのモニター電圧範囲は1.5〜4.5V、モニター精度は±30mVだ。セルバランス機能により電池内のセルアンバランスを解消できる。

Li電池の電圧モニター用アナログフロントエンドIC「R5602」シリーズ

 消費電流はノーマルモードで150μA、スタンバイモードで最大1.0μAに抑えている。CE端子の入力信号を切り替えることでスタンバイ状態にできるため、低消費電力でモニターできる。

 また、ハイサイドnチャンネルFET制御機能を搭載し、回路構成の簡素化と外付け部品のコストダウンが可能。電池パック実装時のセル接続順の制約がないため、電池パック実装工程の簡略化と生産コストの低減も期待できる。

 他に、ボルテージレギュレーター、12ビットA-Dコンバーター、I2Cインタフェースなどを備える。大きさは最大5.0×5.0×0.8mmで、QFN0505-32Cパッケージで提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.