メディア
ニュース
» 2021年08月10日 09時00分 公開

Arm Cortex-M4搭載のモーター制御用マイコン東芝 M4K、M4Mグループ

東芝デバイス&ストレージは、モーター制御用マイクロコントローラー「M4K」「M4M」グループを発表した。MPU、FPU機能付きの40nmプロセスを用いた「Arm Cortex-M4」や、モーター制御回路、汎用通信機能を搭載する。

[EDN Japan]

 東芝デバイス&ストレージは2021年7月、「Arm Cortex-M」を搭載した32ビットマイクロコントローラー製品群「TXZ+ファミリー アドバンスクラス」の第1弾として、モーター制御用マイクロコントローラー「M4K」グループ12製品の量産を開始した。第2弾の「M4M」グループ10製品は、同年8月に量産を開始する。

32ビットマイクロコントローラー製品群「TXZ+」ファミリー

 両製品グループとも、MPU(メモリ保護ユニット)、FPU(浮動小数点演算ユニット)機能付きの40nmプロセスを用いた「Arm Cortex-M4」を搭載。最大動作周波数は160MHzとなっている。

モーター制御回路、通信機能を搭載

 モーターインバーター制御用として、モーター制御回路「A-PMD(Advanced-Programmable Motor Driver)」、32ビットエンコーダー「A-ENC(Advanced-Encoder)」、ベクトルエンジン「A-VE+(Advanced Vector Engine Plus)」を備える。

 汎用通信機能はUART、TSPI、I2Cを搭載。M4Mグループでは、CANにも対応している。機能安全対策回路はROM、RAM、ADC、クロックのチェック機構を実装している。

 パッケージは、10×10mm、0.8mmピッチのLQFP44(M4Kグループのみ)から、14×20mm、0.65mmピッチのQFP100まで6種類をそろえた。サンプル出荷時には、製品ドキュメント類やサンプルソフトウェア、評価ボード、各周辺機能の制御インタフェースを有するドライバソフトウェア類も併せて提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.