メディア
ニュース
» 2021年09月07日 09時00分 公開

1700V対応のSiCショットキーバリアダイオードLittelfuseジャパン LSIC2SD170Bxxシリーズ

Littelfuseジャパンは、1700V対応のSiCショットキーバリアダイオード「LSIC2SD170Bxx」シリーズの販売を開始する。産業や発電、エネルギー供給または貯蔵用途でのAC-DCおよびDC-DCパワーコンバーターに適する。

[EDN Japan]

 Littelfuseジャパンは2021年8月、1700V対応のSiC(炭化ケイ素)ショットキーバリアダイオード「LSIC2SD170Bxx」シリーズの販売を開始すると発表した。同年9月上旬より、国内販売代理店を通じて提供する。

SiCショットキーバリアダイオード「LSIC2SD170Bxx」シリーズ

 パッケージはTO-247-2Lを採用。定格電流が10Aの「LSIC2SD170B10」、25Aの「LSIC2SD170B25」、50Aの「LSIC2SD170B50」と3種をラインアップにそろえる。

容易に並列化可能

 逆回復電流がゼロに近く、サージ能力に優れるほか、動作接合部温度は最大175℃まで対応する。産業や発電、エネルギー供給または貯蔵用途でのAC-DCおよびDC-DCパワーコンバーターに適する。

 順方向電圧の正の温度係数により安全に動作し、容易に並列化できる。また、高速スイッチングが可能なパワーエレクトロニクスも組み込めるため、機器の小型化や高出力化に寄与する。

 SiCダイオードを電源設計に使用し、エネルギー効率に優れたパワーコンバーターの開発ができ、パワーエレクトロニクスの冷却に関連するエネルギーとコスト削減が可能になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.