メディア
ニュース
» 2021年09月29日 09時00分 公開

8×8マルチゾーン対応のToF測距センサーSTマイクロ VL53L5CX

STマイクロエレクトロニクスは、マルチゾーン対応のToF測距センサー「VL53L5CX」を発表した。マルチターゲット検出に対応し、各ゾーンで最大4mの測距範囲、対角63度の視野角を有する。

[EDN Japan]

 STマイクロエレクトロニクスは2021年9月、マルチゾーン対応のToF(Time-of-Flight)測距センサー「VL53L5CX」を発表した。既に量産を開始しており、単価は約3.9米ドルとなっている。

 最大8×8ゾーンの測距が可能で、マルチターゲット検出に対応する。また、各ゾーンで最大4mの測距範囲、対角63度の視野角を有する。ジェスチャー認識やロボット向け屋内3Dマッピング、貯蔵タンクのレベル検出、液面制御などに適する。

マルチゾーン対応のToF測距センサー「VL53L5CX」

ヒストグラム処理、モーションインジケーター機能を採用

 同社のヒストグラム処理を採用し、カバーガラスによるクロストークの影響を軽減しているため、さまざまな種類のフロントパネルに搭載が可能だ。モーションインジケーター機能も搭載しており、対象物の動作の有無を検出できる。

 センサーアレイの数はプログラム可能で、高速測距モードでは最大60フレーム/秒、4×4ゾーンで出力できる。ソフトウェア構成により8×8ゾーンの出力に対応するため、ビデオプロジェクターの台形補正やAR(拡張現実)、VR(仮想現実)向けの高精度簡易深度マップを得られる。

 サイズは6.4×3.0×1.5mm。赤外線VCSEL(垂直共振器面発光レーザー)エミッターやSPAD(単一光子アバランシェダイオード)内蔵レシーバー、ヒストグラムベースのToF処理エンジンを備える。

 なお、VL53L5CX向けに、同社の評価ボード「P-NUCLEO-53L5A1」やソフトウェア拡張パッケージ「X-CUBE-TOF1」が利用可能となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.