「スマートフォン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

何これかわいい ソニー、ヤマハ発と共同で「エンタメ自動運転カート」を開発
コンセプトは「人が乗れるスマホ」。(2019/8/21)

2019年4〜6月の国内携帯出荷 iPhoneが好調も、Androidが苦戦
IDC Japanは、8月20日に2019年第2四半期(4〜6月)の国内携帯電話/スマートフォン出荷台数を発表した。端末の合計出荷台数は前年同期比1.4%減の707.3万台で、要因はiPhone出荷が前年同期比7.5%増の262.2万台に回復した一方、Androidが前年同期比6.6%減となったことが考えられる。(2019/8/21)

MVNOも「ZenFone 6」を取り扱い 最安はgoo Simsellerの5万5800円
ASUSの最新スマートフォン「ZenFone 6」は、ASUSの公式ストアや量販店の他、MVNOも取り扱う。ASUS JAPANが案内している希望小売価格(税別、以下同)は、128GBモデルが6万9500円、256GBモデルが8万2500円。ここでは、現在判明しているMVNOの価格をまとめた。(2019/8/21)

LINEと組んだ野村HD 顧客拡大の期待も見えぬ戦略
20日に営業を開始したLINE(ライン)証券はスマートフォンに特化して株式を売買できる「スマホ証券」と位置づけられるサービスだ。スマホならではの手軽さが若者や働き盛りの世代に人気で、対面営業を重視してきた野村ホールディングス(HD)などの大手もこの流れに乗り始めた。ただ、すでにサービスは乱立しており、大手の戦略が問われる。(2019/8/21)

「ZenFone 6」のフリップカメラ、他製品にないメリットは大きく3つ
ASUSのフラグシップスマートフォン「ZenFone 6」が、いよいよ日本でも8月23日に発売される。本機の顔ともいえるフリップカメラは、他社のスマートフォンにはない大きな特徴。ギミックとして面白いのはパッと見でも分かるが、実際にどんなメリットがあるのか?(2019/8/20)

キー入力の内容を検知:
PCの「キー入力」をスマホで傍受する手法を発見、米SMU大
米国サザンメソジスト大学(SMU)の研究チームは、PCでキーボードをタイプしたときに発生する振動をスマートフォンで拾い上げ、どのキーをタイプしたか、タイプした内容は何かを検知することに成功した。現実と似た騒々しい会議室であっても情報を取得できたという。(2019/8/20)

「LINE証券」スタート LINE上から数百円〜で取引可能なスマホ向け新投資サービス
未経験者・初心者向けに設計されたスマホ投資サービス。(2019/8/20)

ドコモもHuawei製スマホを発売 「安心して利用できると判断した」 米国の輸出禁止猶予期間延長で
NTTドコモが発売を延期していた中国Huaweiのスマートフォン「P30 Pro HW-02L」の事前予約受付を再開すると発表。米商務省がHuaweiへの輸出規制の猶予期間を延長したことを受けて判断したという。(2019/8/20)

「チコちゃんに叱られる!」かわいいチコちゃん&キョエちゃんのコードキーパーがスマホ充電コードをにぎやかに!
充電しながら叱られたい……!(2019/8/20)

「ZenFone 6」が国内上陸 180度回転するフリップカメラ搭載、約7万円から
ASUS JAPANが8月20日、最新スマートフォン「ZenFone 6」を8月23日から順次国内で発売する。180度回転するフリップカメラを搭載しており、アウトもインも同じ画質で撮影できる。価格(税別)は128GBモデルが6万9500円、256GBモデルが8万2500円。(2019/8/20)

Huaweiが「EMUI10」発表 ダークモード、複数端末での通話同期など 次期Mateシリーズに搭載へ
Huaweiが最新の「EMUI10」を発表。画面の背景を黒基調にする「ダークモード」を新たに採用した。複数のスマホで音声通話やビデオコールを同期することも可能になる。次期Mateシリーズに搭載される予定。(2019/8/19)

携帯料金 A to Z:
3キャリアの大容量プランは何が違う? 容量と料金をチェック
3キャリアは、スマートフォンのヘビーユーザーを対象に、1カ月に一定のデータ容量を利用できる料金プランを提供している。数十GBが使えるプランや、特定の通信をカウントしないプランもある。本記事では、各社の大容量プランについてまとめた。(2019/8/19)

モバイル決済の裏側を聞く:
J-Debitの仕組みをスマホで 「Bank Pay」の狙う市場と戦略
2019年10月のサービス開始を予定している「Bank Pay」は、「J-Debit」の推進団体としても知られる日本電子決済推進機構(JEPPO)が提供するサービスだ。Bank Payは「既にあるシステムをスマートフォンに拡張」「各金融機関が提供しているアプリやサービスとの連携」を特徴としている。JEPPOがうたう「オールバンクのスマホ決済サービス」とは?(2019/8/19)

イノベーションのレシピ:
ミリ単位で足を採寸できる「ZOZOMAT」、技術と目指すビジネスを聞く
「ZOZOTOWN」を運営するZOZOが、スマートフォンで簡単に足のサイズを無償で高精度採寸できるサービス「ZOZOMAT」を開発した。同サービスではZOZOグループが独自開発した新技術を活用しているという。事業を担当する同社 MSP事業推進本部で本部長を務める常井康寛氏に、サービス開発の経緯や技術の概要などを聞いた。(2019/8/19)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
家電量販店の閉店セールで激安になるPC周辺機器が“要注意”なワケ
家電量販店の閉店に伴うセールでは、それほど大幅な値引きが行われることはない。特にPCやスマホの周辺機器やアクセサリーはその傾向が顕著だ。それはなぜだろうか。また仮に大幅値引きされている品があったとして、それはどのような理由によるものだろうか。(2019/8/18)

携帯販売ランキング(8月5日〜8月11日):
auのミッドレンジスマホが好調 「AQUOS sense2 かんたん」もトップ10入り
au「iPhone 8(64GB)」が4連勝。前回初の総合トップ10入りしたNTTドコモ「AQUOS sense2 SH-01L」に替わって今度はau「AQUOS sense2 かんたん」が入った。(2019/8/18)

お祭りの間ずっとスマホを見ている男の子、実は優しい理由が…… 「スマホ世代」描く漫画にじーんと来る
とてもやさしい世界。(2019/8/17)

「京セラドーム大阪」でメルペイ導入 売店や売り子販売に
「京セラドーム大阪」でスマホ決済サービス「メルペイ」が導入された。売店や売り子販売でコード決済を利用できる。(2019/8/16)

ライドシェアのユーザー向け、スマホで加入できる保険サービス開始
ライドシェアサービス「nori-naマップ」を運営するZERO TO ONEは、ライドシェア同乗中の事故やトラブルに備えた短期レジャー保険サービスを開始する。(2019/8/19)

au契約者向けキャンペーンも:
auが「HomePod」を8月23日に発売 直営店とオンラインショップで取り扱い
KDDIと沖縄セルラー電話が、Appleのスマートスピーカー「HomePod」を取り扱う。両社の直営店とauオンラインショップで販売し、auの4Gスマホユーザー向けに「Apple Music」を6カ月無料で利用できるキャンペーンも実施する。(2019/8/16)

テレビ・ラジオは「オワコン」ではない:
広告媒体としての「TVer」「radiko」の可能性
テレビやラジオをスマホやPCに最適化した結果、広告主にとってどのような価値が生まれるのか。(2019/8/16)

セブンが加盟店にクオカード1万円 7pay問題のおわび
セブン&アイ・ホールディングス(HD)が独自開発したスマートフォン決済サービス「7pay(セブンペイ)」を9月末で終了することを受け、セブン−イレブン・ジャパンが、全国の加盟店に1万円相当のクオカードを配る方針を決めたことが15日、分かった。今月中にも実施する。(2019/8/16)

下り1.72Gbpsの通信に成功:
「5G実演中!!」5Gスマホ実機の通信デモを公開
 中国の携帯電話機メーカーOPPOとキーサイト・テクノロジーは、楽天のイベント「Rakuten OPTIMISM 2019」(パシフィコ横浜/2019年7月31日〜8月3日)で、5G(第5世代移動通信)対応スマートフォンの実機を用いた5G通信のデモンストレーションを行った。(2019/8/16)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
本当に“同じ”? 「Pixel 3」と「Pixel 3a」のアウトカメラを撮り比べる
Googleのスマートフォン「Pixel 3」と、その廉価版に相当する「Pixel 3a」。両者のアウトカメラは基本スペックが同じということになっているが、本当に同じなのか? 撮り比べてみるのである。(2019/8/15)

乱立する「○○ペイ」 今さら聞けないスマホ決済の疑問
QRコード決済を使った「○○ペイ」が乱立している。本記事では、スマホ決済に関する今さら聞けない疑問をまとめた。(2019/8/15)

第一生命、スマホで完結できる保険 チャットで契約、電子マネーで保険料支払いと給付金受取にも対応へ
チャット形式で保険の加入や保険金の請求手続きが行えるWebアプリを第一生命保険が開発。8月15日から提供を始める。(2019/8/14)

ついに第3世代:
DJI、折りたたみ式スマートフォン用スタビライザー「OSMO MOBILE 3」発売
DJIが、スマートフォン用スタビライザー「OSMO MOBILE」の第3世代を発表。予約販売を開始した。携帯性に優れたフォルムで、片手での操作性も向上。価格はスタンダード版が1万3500円(税込)、グリップ式三脚とキャリーケースを含むコンボ版が1万5660円(税込)となっている。(2019/8/14)

すでに目標金額の200%達成:
”落とさない“マグネット内蔵リング付き手帳型スマホケース「…to」、クラウドファンディングで予約受付中
Studio Y Creationがクラウドファンディングサイト「Makuake」で「『...to』手帳型リング付スマートフォンケース」のプロジェクトを進行している。フラップをコンパクトに折り畳められ、リングに指を通せば安定した操作で「落とさないスマホケース」をうたうこのケースは、すでに目標金額の200%を達成している。(2019/8/14)

キングジム“スマホ専用テプラ”を使ってみた 大画面でラベル編集できる魅力
スマホとテプラが出会っちゃいました。(2019/8/14)

台風10号接近、国交省はQRコードで情報提供 「早めに情報入手を」
国土交通省は住民が災害・防災情報を入手しやすくするため、スマートフォンなどで読み込めば情報提供サイトにアクセスできるQRコードを提供している。(2019/8/14)

スマホ依存は「情報習慣病」 太古の人類の性質、現代に引き継ぐ 岡ノ谷一夫東大教授
インターネットに没頭してしまう、メールやSNSを神経質なほど気にする。少し前まで存在しなかった道具が、私たちの生活パターンまで変えている。依存症に陥る若者も多い。言葉の起源を研究する東京大の岡ノ谷一夫教授は「情報習慣病」と呼んでこの現象を説明する。太古の人類が生きるために身に付けた性質をいまもなお、現代人が受け継いでいるのだという。(2019/8/14)

Mobile Weekly Top10:
ドコモの古いスマホで「LINE」が終了/「Galaxy Note10」見参
NTTドコモが、古いバージョンのLINEアプリのサポート終了と、LINEに対応するspモードケータイにおけるプッシュ通知終了を予告しています。そういえば、新しいspモードケータイ、LINE非対応なんですよね……。(2019/8/13)

「ポケモンGO」横浜イベント再び スマホの通信は安定も暑さ対策が必須に
ポケモンGOの夏季リアルイベントが、2年ぶりに横浜で実施された。異常なほどの熱狂と混乱をもたらした2017年の横浜イベントから2年で、何が変わったのだろうか。(2019/8/13)

Samsung、1億800万画素カメラセンサーをXiaomiと共同開発
Samsungが1億800万画素のカメラセンサー「Samsung ISOCELL Bright HMX」を発表した。Xiaomiと共同開発したもので、将来の「Mi」シリーズスマートフォンに搭載される見込み。Xiaomiは12032×9024ピクセルの画像を撮影できるとしている。(2019/8/13)

スマホ注文「モバイルオーダー」が増えている
10月1日の消費税率引き上げまで2カ月を切った。飲食店では税率が10%に上がる「イートイン」に対して、8%に据え置かれる軽減税率対象の「テークアウト」需要の増加が見込めることから、効率化を図る集客策として「モバイルオーダー」の導入が増えている。(2019/8/13)

Huaweiのスマートフォンにも対応する独自OS「HarmonyOS」、初製品はスマートTV
Huaweiがうわさされていた独自OS「HarmonyOS(中国では「鴻蒙」)」を発表した。搭載製品第一弾はスマートテレビ「HONOR Vision」。スマートフォンにも搭載可能だが、具体的な計画は不明だ。(2019/8/12)

「TORQUEを出したらカシオさんが喜んでくれた」 京セラに聞く、タフネス携帯の歴史
京セラの高耐久ケータイとスマートフォンの累計集荷台数が1000万を突破した。京セラがタフネス携帯の開発を始めた経緯、各ブランドの違い、耐久性能にまつわる京セラならではの技術、ユーザー属性などについて聞いた。(2019/8/12)

ITはみ出しコラム:
MicrosoftがSamsungとスマホ連携でタッグ Windows 10 Mobile後の生存戦略
Microsoftのサティア・ナデラCEOが、Samsungの新製品発表会に登場。発表された「Galaxy Note10」とWindowsとの連携をアピールしました。スマホ市場を攻略するためのWindows 10 Mobileを失ったMicrosoftは、Samsungとの提携強化という道を選びました。(2019/8/11)

スマホ型Wi-Fiルーター「スマファイMS01」、MAYA SYSTEMがレンタル提供開始
MAYA SYSTEMが、クラウドSIMを搭載したスマートWi-Fiルーター「スマファイMS01」を発表。同社のレンタルサービス「jetfi」にて、8月下旬から順次レンタル提供を開始する。翻訳や地図など、海外でよく使う機能に絞ったモデル。(2019/8/9)

Huawei、独自OS「HarmonyOS」を発表
Huaweiがオープンソースの独自OS「HarmonyOS」を発表。マイクロカーネルベースのOSで、スマートフォンやウェアラブルデバイスなどに採用する方針だ。(2019/8/9)

タカラトミーのこだわり開発:
1億総スマホ時代に本物そっくりの「ミニチュア公衆電話ガチャ」が生まれたわけ
タカラトミーアーツが11月にカプセルトイ「NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション」を発売する。細部まで再現し、実際に電話をかけるときのように受話器を持ち上げたり、ダイヤルを回したりできるというが、なぜ今本物そっくりの公衆電話を作ろうと思ったのか。(2019/8/10)

スマホ冷却の救世主 「常温保冷剤」の実力とは
最近、ポケGOトレーナーの間で話題の「常温保冷剤」。過酷なポケ活を支える保冷剤の実力とは? 購入して実際に試してみた。(2019/8/9)

UNPACKED 2019で触れたNote10以外の新製品 「Galaxy Tab S6/Watch Active2/Book S」の特徴は?
「Galaxy UNPACKED 2019」で発表されたのはスマートフォンの「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」だが、タブレット、スマートウォッチ、PCも発表。実機の写真とともに、主な特徴を見ていこう。(2019/8/9)

医療機器ニュース:
スマートフォン小型蛍光顕微鏡による高感度デジタル計測に成功
東京大学は、スマートフォンのカメラを検出器として活用し、高感度で定量性の高い1分子デジタル計測法に対応した小型蛍光顕微鏡を開発した。持ち運びが可能で、高感度デジタルインフルエンザ計測にも成功した。(2019/8/9)

mineoもHuawei端末を9日に発売 「継続的に利用できることを確認」
mineoが発売を延期していたHuawei製のスマホとタブレットを8月9日に発売する。トリプルカメラを搭載したProを除く「P30シリーズ」とタブレット「MediaPad M5 lite」の計3機種を取り扱う。オプテージは「アプリや端末のアフターサービスも含め総合的に判断した」と説明している。(2019/8/8)

「FILA」のスマホアクセサリーが国内初展開 第1弾は保護ケース
FOXは、2019年8月からイタリアスポーツブランド「FILA」のスマートフォン関連商品の開発・販売を実施。第1弾として同社の運営するスマホアクセサリーのオンデマンドサービス「caseplay jam」でスマホケースを販売開始した。(2019/8/8)

SamsungのGalaxyイベントにMicrosoftのCEOが登壇 「スマホ同期」プリインストールやWindowsノートPCを発表
Samsungの「Galaxy Note 10」発表イベントにMicrosoftのサティア・ナデラCEOが登壇し、スマホとPCのギャップを埋めるための両社の協力について語った。Galaxy Note 10にはMicrosoftの「スマホ同期」がプリインストールされ、同端末はMicrosoftのオンラインショップでも販売する。(2019/8/8)

電機大手6社が減益……中国経済の減速が直撃 4〜6月期
電機大手8社の令和元年4〜6月期連結決算が7日出そろった。中国経済の減速で、自動車やスマートフォンに使う半導体や電子部品などの販売が低迷し、最終損益はこの日に決算を発表した東芝など6社が減益または赤字。増益だった日立製作所とNECも本業以外の効果に支えられた面が強く、厳しい経営環境が浮き彫りになった。米中貿易摩擦の激化で先行きの不透明感は増しており、各社は警戒感を強めている。(2019/8/8)

「2019びわ湖大花火大会」で人の流動状況をリアルタイムに観測 警備や混雑緩和に活用――富士通らが実証実験
富士通らは、「2019びわ湖大花火大会」で、IoTセンサーを活用して観客の流動状況を可視化する実証実験に取り組む。観客のスマートフォンから取得する固有ID情報を基に、滞留地点や滞留時間、移動状況などをリアルタイムに観測し、今後の警備計画や交通機関の混雑緩和、観光政策に役立てる。(2019/8/8)

手のひらサイズ「テプラ」にスマホ専用モデル登場 アプリで文字や画像を配置
専用テープのバリエーションも増えて、より便利になっています。(2019/8/8)

3Dプリンタニュース:
AIによる写真解析と3Dプリンタを活用したオーダーメイドインソール
ジャパンヘルスケアは、AIによる写真解析と3Dプリンタを活用したオーダーメイドインソール「HOCO」を発表した。ユーザーがスマートフォンで撮影した写真をAIが解析し、3Dプリンタでそれぞれの足に合ったインソールを作製する。(2019/8/8)

「ライバルはスマホ」進化する電車の中づり広告
電車の中で目にする中づり広告。最近は奇抜な形をしていたり、触ってもらうことを前提として作られたりと、ユニークなものが次々と登場している。多くの乗客らの視線が常にスマートフォンに向けられていることが一因のようだ。「かつてほど、乗客に見てもらえない」との嘆きから、目線を上げてもらうために生み出されたアイデアの数々。中づりはどこまで進化するのか。(2019/8/7)

スマホをかざして美術作品を鑑賞 アプリなしで利用できる作品情報表示サービス――横浜美術館で実証実験開始
横浜美術館とNTTテクノクロスらは、横浜美術館で開催中の「横浜美術館コレクション展」で、美術作品にスマートフォンのカメラをかざすことで作品の詳細情報を表示するサービスの実証実験を開始。来場者は、特別なアプリなしでサービスを利用できる。(2019/8/7)

「ライバルはスマホ」進化する電車の中づり広告
電車の中で目にする中づり広告。最近は奇抜な形をしていたり、触ってもらうことを前提として作られたりと、ユニークなものが次々と登場している。多くの乗客らの視線が常にスマートフォンに向けられていることが一因のようだ。(2019/8/7)

キングジム、スマホ専用「テプラ」発売 アプリでオリジナルラベル作成、手書きイラストも挿入できる
キングジムがスマートフォン専用のラベルプリンタ「テプラ」を発売する。(2019/8/6)

ソフトバンク、HUAWEI製スマホ「P30 lite」発売を正式発表 ワイモバから提供
ソフトバンクが、発売を延期していた中国Huawei製スマートフォン「HUAWEI P30 lite」を、8月8日に発売すると発表。「Y!Mobile」ブランドから提供する。Android OSとセキュリティのアップデートが引き続き提供されることが確認できたため。(2019/8/6)

KAZUNA直販限定:
Xiaomi系ゲーミングスマホ「Black Shark2」日本モデルに廉価版 “6GB+128GB”で4万9800円
TAKUMI JAPANが国内販売するSnapdragon 855搭載ゲーミングスマホ「Black Shark2」に、メインメモリとストレージ容量を半分に抑えた廉価版が登場。価格は従来モデルのほぼ半額の4万9800円だ。(2019/8/6)

Huawei、8月9日に「HongMeng OS」発表か 中国官営メディアが報道
Huaweiが8月9日開催の開発者会議で独自OS「HongMeng(鴻蒙) OS」を発表すると中国官営メディアのGlobal Timesが報じた。年内には同OS搭載の廉価版スマートフォンが発売されるという。(2019/8/6)

組み込み開発ニュース:
マルチバンド通信に対応した世界最小クラスのSAWデバイス
村田製作所は、SAWデュプレクサ「SAYAV」「SAYRV」「SAYAP」の3シリーズとSAWフィルター「SAFFW」シリーズの量産を開始した。世界最小サイズと性能を両立し、スマートフォンの多機能化やハイパワー化、回路設計の高密度化に対応する。(2019/8/6)

KDDIとUQがファーウェイ製スマホを発売、ソフトバンクも追従 ドコモは?
KDDIが、発売を延期していた中国Huaweiの「P30 lite Premium」の取り扱いを再開すると発表。これにドコモとソフトバンクは追従する?(2019/8/5)

「ポケストップ」でスマホの充電も インフォリッチが「ポケGO」公式パートナーに
モバイルバッテリーのシェアサービスを展開しているINFORICHが「Pokemon GO」の公式パートナーになった。1回無料クーポンコードをポケストップで配布している。(2019/8/5)

KDDI、発売延期していたファーウェイ製スマホを販売 「安全が確認できた」
KDDIは、発売が延期されていた中国Huaweiのスマートフォン「P30 lite Premium」を8日から販売すると発表した。取り扱い開始の理由について問い合わせに同社は、「商品として提供できると確認できた」と答えた。(2019/8/5)

新卒採用で増える、Web面接
最近の新卒採用では、さまざまな新しい採用手法が取り入れられています。なかでも動画選考は成長著しいものの一つ。Webを使い、録画・ライブ形式で採用選考を行うもので、PCやスマートフォンなどから面接を受けることができます。(2019/8/5)

携帯販売ランキング(7月22日〜7月28日):
初の総合トップ10入りを果たした、ソフトバンクのAndroidスマホとは?
前回トップのau「iPhone 8(64GB)」が2連勝。Y!mobileの「iPhone 6s(32 GB)」が3位。ソフトバンクの「arrows U」が初めてトップ10入りした。(2019/8/3)

海で使うIT:
シリアルがないスマホにシリアルしかないAISレシーバを接続して船旅に出た
不定期でお届けする、海で使えるさまざまなIT機器を取り上げる本連載。今回は令和の時代で主流となりつつある「スマートフォンで電子海図と航法支援」について取り上げる。(2019/8/2)

KDDI「4年縛り」プラン受け付け終了へ 継続困難
KDDIは1日、4年間の分割払いを条件にスマートフォンの代金を半額にする「4年縛り」と呼ばれるプランの新規受け付けを9月末で終了すると発表した。iPhone(アイフォーン)のような高額機種を安く購入できる利点があるが、今秋施行される改正電気通信事業法ではスマホの割引額に2万円の上限が設けられることが決まっており、プランの継続が困難と判断した。(2019/8/2)

開発変更がアダに nanaco成功体験が生んだ過信 7pay
失敗に終わった「7pay(セブンペイ)」は、セブン&アイ・ホールディングス(HD)が、デジタル戦略の要として期待を寄せたスマホ決済アプリの開発だったが、ずさんなセキュリティー対策を露呈し、大企業病の根深さを浮き彫りにした格好となった。(2019/8/2)

開発変更がアダ:
ナナコ成功体験が生んだ過信 セブンペイ
失敗に終わった「7pay(セブンペイ)」は、セブン&アイ・ホールディングス(HD)が、デジタル戦略の要として期待を寄せたスマホ決済アプリの開発だったが、ずさんなセキュリティー対策を露呈し、大企業病の根深さを浮き彫りにした格好となった。(2019/8/2)

Rakuten Optimism:
楽天ペイが進める“完全キャッシュレス化”のメリットと課題とは? 今後は顔認証決済も可能に?
Rakuten Optimismでは、楽天ペイが開発している新たな決済サービスを体験できる。顔認証決済では、スマホアプリからあらかじめ顔を登録して、タブレットなどから顔認証をすることで支払える。来店前にスマホであらかじめ注文しておくモバイルオーダーも体験した。(2019/8/2)

客単価が1割増 もう1つのキャッシュレス、店舗のプリペイドカードが伸びる理由
「◯◯Pay」の話題が尽きることがないが、その裏側では各店舗が発行する専用のプリペイドカード(ハウスプリペイド)が活況だ。事前にチャージするという仕組みが、強力な囲い込み効果を発揮する。また、ポイントカードに代わり、スマホと連携することでCRM利用も進みつつある。(2019/8/2)

スマホゲーム「戦姫コレクション」突然のメンテ突入から早10日―― サイトも消滅、ユーザーからは「夜逃げでは」と諦めの声も
中には「警察に相談した」というユーザーも。(2019/8/1)

KDDI、19年4〜6月期は増収減益 HUAWEIスマホの販売再開や、楽天参入に合わせた新プラン導入を検討へ
KDDIが19年4〜6月期の連結業績を発表。売上高が前年同期比2.0%増の1兆2461億円、営業利益が11.4%減の2558億円、最終利益は9.0%減の1626億円と増収減益だった。決算会見で高橋誠社長は、HUAWEIスマホの販売再開や、楽天参入に合わせた新プランの導入を示唆した。(2019/8/1)

ASUS JAPANが8月20日に新製品を発表 「ZenFone 6」登場か
ASUS JAPANが8月20日にスマートフォンとノートPCの新製品発表会を開催する。当日は本社からジョニー・シー会長が来日する。スマートフォンは「ZenFone 6」が発表される可能性が高い。(2019/8/1)

スマホで音楽CDやDVDを再生 ロジテックが「LDR-PS」シリーズ発売
ロジテックINAソリューションズは、スマホとワイヤレス接続して音楽CDの録音/再生/バックアップやDVD再生ができるDVDドライブ「LDR-PS」シリーズ5製品を発売。簡単に扱える専用アプリも用意している。(2019/8/1)

激化する「ペイ戦争」勝算は? 各社は軒並み巨額赤字
スマートフォンによるキャッシュレス決済の覇権争いをめぐり、激化する「ペイ戦争」。巨額なポイント還元や加盟店拡大などの投資がかさみ、運営会社は軒並み100億円を超す巨額赤字を計上した。消耗戦に勝算はあるのか。(2019/8/1)

ディルバート(615):
「会議中にスマホを見るな!」と言われたら
ボスの目をかいくぐり、なんとか会議中にスマホチェックしたいディルバートが考え出した作戦とは……?(2019/8/1)

PR:OPPO「AX7」が4800円で手に入る 今が「IIJmio」デビューのチャンス!
格安SIMの老舗ともいえる「IIJmio」で、大盤振る舞いのキャンペーンが実施されている。期間中に新規契約すれば、話題のSIMロックフリースマートフォンが“格安”で手に入る上に、初期費用や月額料金の割引も受けられる。お得に格安SIMデビューを飾ってみては?(2019/8/1)

Rakuten Optimism:
OPPOが5Gスマホ「Reno 5G」で下り1.7Gbpsの通信に成功 ARグラスも参考展示
楽天のイベントにOPPOが出展し、「Reno 5G」を使った5G通信を実演。基地局シミュレーターと有線接続し、下り最大1.72Gbpsの速度を出していた。見るだけでさまざまな情報を取得できるARグラスも参考展示している。(2019/7/31)

車載情報機器:
バーチャルキー対応車両は2022年に5000万台、米国と欧州がけん引
矢野経済研究所は2019年7月17日、自動車向けバーチャルキーの市場調査の結果を発表した。バーチャルキーは、スマートフォンのアプリと通信回線や近距離無線通信を使用して、車両の解錠や施錠、エンジンスタートなどの機能を提供する新車向けコネクテッドサービスの1つ。(2019/7/31)

クラウドSIM対応のスマホ型ルーター「GW01」登場 ビジョンが8月からレンタル開始
ビジョンが、クラウドSIM対応のスマホ型ルーターのレンタルを8月1日に開始する。海外の108箇所で現地キャリアに自動で接続するのが特徴。本体はルーターよりもスリムで軽く、手軽に持ち運べる。(2019/7/31)

米中貿易摩擦や日韓の輸出に関する問題にも言及:
ソニー、CMOSセンサー好調で工場フル稼働
ソニーは2019年7月30日、2019年度第1四半期決算を発表した。イメージング&センシングソリューション分野では、モバイル機器向けCMOSイメージセンサーが大幅増収。同分野売上高は前年同期比284億円増の2307億円、営業利益は同204億円増の495億円となった。ソニーの専務CFO、十時裕樹氏は、「主要なスマートフォンメーカー各社の中高級機種に高いシェアで採用されていることに加え、カメラの多眼化やセンサーサイズの大型化によって好調で、自社生産設備はフル稼働の状況だ」と話していた。(2019/7/30)

現場管理:
大林組の作業員向け安全管理システムが刷新、スマホレスで手軽に体調管理
大林組は、建設作業員向け体調管理システム「Envital」の機能を見直し、スマホレスとなり、作業員はリストバンドを着けるだけで、体調管理ができるようになった。(2019/7/31)

クロネコメンバーズの2段階認証“スマホだと無意味” ヤマト運輸「サービス全般を再点検していく」
「2段階認証を設定する意味がない」との声。(2019/7/29)

フジロックでソフトバンクの「5Gプレサービス」を体験 XperiaとAQUOSの5Gスマホもチェック
ソフトバンクが、フジロックで5Gのプレサービスを実施した。商用サービスとは周波数帯が異なり、コアネットワークもプレサービス専用のものだったが、来場者は5Gを通して配信された映像やVRコンテンツを楽しむことができた。5G電波の送受信に使うスマートフォンも披露された。(2019/7/29)

Mobile Weekly Top10:
「Galaxy Fold」いよいよ発売へ/「dアカウント」のセキュリティコード通知で注意喚起
先行レビューで破損事故の相次いだフォルダブルスマートフォン「Galaxy Fold」。破損につながる部分を改善した上で、9月中に一部地域で販売開始すべく準備が進められています。(2019/7/29)

OPPOが5G対応スマホを披露 7月31日開催の楽天イベントにて
オッポジャパンが、楽天のイベント「Rakuten Optimism」に出展。5G対応のスマートフォンやARグラスを参考展示する。ただしユーザーが手に取って触れることはできない。(2019/7/29)

Qualcommとは和解したが:
AppleがIntelのスマホ向けモデム事業を買収へ
Appleは2019年7月25日(米国時間)、Intelのスマートフォンモデム事業を買収することで合意したと発表した。買収金額は約10億米ドルとされている。(2019/7/29)

IT基礎英語:
逮捕も起訴も入金もcharge、使い分けは?
電子マネーをチャージ、ワイヤレスでスマホにチャージ、それだけではないcharge。(2019/7/29)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
久々のHTCスマホ 背面が透けている「U19e」は6型のミッドハイモデル
HTCが、6月に台湾向けに発表したスマートフォンが「HTC U19e」です。ハイエンドモデルの中での下位製品という位置付け。「U19」や「U19+」といった上位モデルも準備中なのでしょうか。(2019/7/28)

加盟店向け「PayPay for Business」アプリ登場 店舗のスマホで決済可能
スマホ決済サービス「PayPay」は、7月26日に加盟店向け決済管理ツール「PayPay for Business」のアプリ版をリリース。利用者が表示したQRコードを加盟店が読み取る「ストアスキャン」でのQRコード読み取りや決済管理機能を追加した。(2019/7/26)

置くだけバックアップの「iXpandワイヤレスチャージャー」、スマホの容量不足解消にも
ウエスタンデジタルが発売した「iXpandワイヤレスチャージャー」は、大容量SSDを内蔵したワイヤレス充電器。スマートフォンのストレージ容量不足の解消にも有効という。詳細を担当者に聞いた。(2019/7/26)

ドコモが「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」を値下げ どちらも6万9984円(税込み)に
NTTドコモが、Googleのスマートフォン「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」を7月26日から値下げした。値下げ後の価格は2機種とも6万9984円(税込み)。「スマホおかえしプログラム」適用後の実質価格は、「Pixel 3a」の一括価格と同じ4万6656円になる。(2019/7/26)

Apple、Intelのモデム事業買収を正式発表
AppleがIntelのスマートフォンモデム事業を買収すると正式に発表した。1万7000件以上の関連特許と2200人の従業員などを獲得する。(2019/7/26)

STマイクロ LSM6DSR:
VR/AR向けの高性能MEMSモーションセンサー
STマイクロエレクトロニクスは、MEMSモーションセンサー「LSM6DSR」を発表した。ゲームやスポーツなど素早く動かす機器向けに、角速度検出範囲が最大4000dpsまで拡張されており、VR体験の没入感やスマートフォンのAR機能を向上する。(2019/7/26)

スマホで査定してロッカーにポイ 衣類の無人買い取りサービス「ここでCASH」今秋サービス開始
ロッカー設置場所を募集中。(2019/7/26)

折りたたみスマホ「Galaxy Fold」9月発売へ ハードウェアを改善
韓国Samsung Electronicsが、折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」を9月に発売するための最終テストを行っていると発表した。(2019/7/25)

エプソン、スマホから簡単にプリントできる新アプリに対応した“カラリオプリンター”新モデルなど7機種
エプソンは、同社製インクジェットプリンタ「カラリオプリンター」新モデルなど計9機種を発売する。(2019/7/25)

折りたたみスマホ「Galaxy Fold」は9月発売とSamsungが予告
発売前にディスプレイ関連の問題報告で発売が延期になっていた折りたたみスマホ「Galaxy Fold」を、9月には発売するとSamsungが発表した。ハードウェアの問題に対処し、現在テスト中としている。(2019/7/25)

20万人超が参加 Jリーグが「スマホ」のeスポーツ大会 
昨年からeスポーツの大会を開催しているJリーグが、今年はモバイルゲーム版のクラブ対抗戦「eJリーグ ウイニングイレブン 2019シーズン」を初開催した。新たなサッカーファンを開拓するのが狙いで、スマートフォンなどの端末で手軽に参戦できることから、大会には20万人以上がエントリー。予選、選考会を通過した計120人がJ1とJ2の全40クラブに所属し、7月14、15日に東京都内で開かれた本大会で熱戦を繰り広げた。(2019/7/25)

スマホ×バッテリー快適ライフ:
“イヤフォンジャックのないスマホ”で充電しながら音楽を聴く方法
最近は3.5mmイヤフォンジャックを搭載しないスマートフォンが増えてきた。有線のイヤフォンやヘッドフォンに親しんだ人にとっては、こうした端末への機種変更後にアダプターが必要になる。音楽を聴きながらでも充電が可能になる、二股ケーブルやBluetoothレシーバーを紹介する。(2019/7/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.