連載
» 2017年05月30日 11時00分 UPDATE

HDLコード生成から統合検証まで:モデルベースデザイン手法を使ったProgrammable SoCの協調設計【実践編II】 (5/5)

[松本充史(MathWorks Japan),EDN Japan]
前のページへ 1|2|3|4|5       

コラム:サポートパッケージとは

 サポートパッケージとは、MATLABやSimulink上でサードパーティ製のハードウェアやソフトウェアを使用可能にするアドオンオプションです。例えばArduino、Raspberry Piなどの廉価版ハードウェア、そして今回ターゲットにしたZynqが搭載されたボード(ZedBoard、ZC702、ZC706)やインテルSoC FPGA製品(旧アルテラ)が搭載されたボードなどがあります。

 サポートパッケージのインストールは図E-1に示すようにMATLABのアドオンメニューから行います。

図E-1:サポートパッケージのインストールメニュー

 今回使用したサポートパッケージは「Computer Vision System Toolbox Support Package for Xilinx Zynq-Based Hardware」です。対応しているボードは以下の通りです。

  • アヴネット ZedBoard
  • ザイリンクス ZC-702
  • ザイリンクス ZC-706
  • アヴネット FMC-HDMI-CAM(HDMI入出力のFMCドーターボード)
  • アヴネット FMC-IMAGEON(同上)

 このサポートパッケージでは、上記ボードのピン情報が登録された定義ファイルと、各ボードに対応したシステム定義情報であるレファレンス設計が含まれており、Zynqが搭載された開発ボードを使用して、HDMI入出力の画像処理システムを構築できるようになっています。図E-2にレファレンス設計のシステム構成を示します。

図E-2:Computer Vision System Toolbox Support Package for Xilinx Zynq-Based Hardwareで提供するレファレンス設計のシステム構成 (クリックで拡大)

(おわり)

著者

松本 充史:MathWorks Japan アプリケーションエンジニアリング部 プリンシパルアプリケーションエンジニア


前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.