「手袋」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「手袋」に関する情報が集まったページです。

停電中に避難する際はブレーカーをオフに 通電火災に注意
電気の復旧とともに起きる火災です。(2018/9/6)

催涙スプレーも:
JR東、新幹線内の“武器”拡充へ 防犯対策で盾・さすまた・つえなど配備
JR東日本が、新幹線内の防犯対策用品を拡充。「盾」「警戒杖(けいかいじょう)」「刺又(さすまた)」などを導入する。12月末までに車両への搭載、駅への配備、乗務員による携行などを進める。(2018/9/4)

「死産したアザラシ」を100年後の未来へ―― “解剖”から見えた国立科学博物館のウラ側
解剖は未来の命をつなげる大切な作業。(2018/9/1)

PR:2万円台でココまで多機能! OPPOの新スマホ「R15 Neo」を試して分かったこと
OPPO JapanがSIMロックフリースマートフォンの新製品を投入。中でも注目が、6.2型の大型ディスプレイや大容量4230mAhバッテリー、デュアルカメラを搭載しながらも2万台後半と買いやすい価格の「R15 Neo」だ。その魅力をレポートする。(2018/8/31)

PR:サポート終了まで1年半を切ったWindows 7 業務PCの入れ替えは「MousePro」に注目
テレビCMで知名度急上昇中のマウスコンピューターは法人向けPCも展開している。「MousePro」の特徴を見ていこう。(2018/8/31)

基礎から学ぶ太陽光発電所の雑草対策(5):
「効果なし」を回避する、太陽光発電所の雑草対策の手順と工法
日本でも稼働から数年が経過する太陽光発電所が増える中、課題の一つとなっている雑草対策について解説する本連載。今回は防草シートの選び方や最適な施工法、草刈りにおける注意点など、具体的な雑草対策工法のポイントについて解説する。(2018/8/27)

「目隠しをしてピラニアの水槽に手を突っ込んでください(笑顔)」 シーパラの最恐プログラムに挑戦してきた
シーパラがどうかしちまったかと思った。(2018/8/17)

360度視界のHUD内蔵ヘルメット「CrossHelmet X1」、CES 2019で“ほぼ量産形”公開へ 専用グローブも完成
CES 2019で“量産直前のもの”の公開を示唆。CrossHelmet X1の本登場も楽しみ。(2018/8/13)

矢口君は私の事なんて全然見てない 「ハイスコアガール」5話 少女のから回る恋心
ハルオは小春にいっぱい謝らないといけないよ!(2018/8/11)

PR:コスプレって実は簡単!? 初心者が100円ショップで買えるものだけで精いっぱい竜騎士になってみた
安い、早い、質はそこそこ。(2018/8/10)

Wired, Weird:
IGBTやCMOS ICを使った回路に隠れた“落とし穴”
今回は、不具合が生じたIGBTやCMOS ICを使った回路例を紹介する。いずれの回路も、回路設計の“基本中の基本”をおろそかにしてしまったことが不具合の原因だった。(2018/8/21)

「お母さん、あっちあっち」 優しい警備員さんに誘導されるカモの親子に癒やされる
大きくなってね。(2018/8/3)

ウェアラブルニュース:
遠隔作業支援ソリューション搭載のスマートグラスを発売
ブイキューブは、インフラや建設業向けに、同社の遠隔作業支援ソリューション「Smart Eye Sync」を搭載した、コニカミノルタのスマートグラス「WCc」の先行販売を開始した。(2018/8/1)

お絵かきタブレットにAndroidという選択はあり? 人気プロ絵師が「MediaPad M5 Pro」を試した結果
ラノベやスマホゲームなど多数のキャラクターデザインを手掛け、学校の講師も務める人気イラストレーターのrefeia氏に「MediaPad M5 Pro」の“お絵かき性能”を試してもらった。(2018/7/30)

喫煙ルームを改修して格納:
東海道新幹線に盾とさすまた配備 防犯体制を強化
JR東海が8月から、東海道新幹線内に防護盾や刺又(さすまた)などを搭載する。「N700系」の喫煙ルームを改修して格納し、防犯などに活用する。(2018/7/25)

それでも先進技術への投資が必要
ERPにARやAIは必要? 激推しするベンダーとユーザーの温度差
ERPベンダーは、拡張現実(AR)や人工知能(AI)といった先進的な技術の導入を後押しする役割を果たすかもしれない。だが、IT予算の締め付けが続いており、そうした技術の売り込みは難航する可能性がある。(2018/7/20)

あの人のかばんの中身は?:
持ち物は「人に覚えてもらうため」かつ「推しにアゲてもらうため」。マスコミ系激務女子あんぱんさんのかばんの中身
マスコミ系激務により顔と魂が死にかけつつも、推しとともに毎日を駆け抜けるあんぱんさんのかばんの中身は……?(2018/7/11)

大雨災害で水没した思い出の写真を守るには 富士フイルム提供の対処法に注目
富士フイルムは同社製のカメラやデジタルフォトフレームなどについて、被災者からの修理依頼を半額で受け付ける措置も発表しています。(2018/7/10)

メデューサの散髪をお手伝い、機械が油のラテを注文 「ちょっとだけ変な世界でアルバイト」する漫画が働く元気と夢をくれる
いつかこんな不思議でやさしい世界に行ってみたいな。(2018/6/22)

畳のカビ対策ってどうすればいいの? 予防から掃除の仕方まで教えて!
畳にカビが生える原因から、掃除、予防のやり方までご紹介します。(2018/6/22)

お風呂のイヤな臭い、何とかならないの? 原因別の対策方法まとめ
臭いの発生原因5つと、それを解消する掃除の仕方をご紹介します。(2018/6/15)

漫画家直伝イラストテクニック(4):
誰でも描けるリアル背景、「岩」「地面」の描き方
紙とペンを用意して、ぜひ試してみてください!(2018/6/10)

アイ・オー、2点タッチ対応の21.5型フル液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、光学式センサーによる2点タッチ操作をサポートした21.5型フル液晶ディスプレイ「LCD-MF223FB2-T」を発売する。(2018/6/6)

無邪気におちんちんで遊びながらも日々成長 『苺ましまろ』作者が連絡帳につづる息子の成長日記にほっこり
3歳児の豊かな発想にニンマリ。(2018/6/5)

人とくるまのテクノロジー展2018:
インテリアデザインの自由度向上へ、より快適な操作との両立
「人とくるまのテクノロジー展2018」の展示から、インテリアデザインの自由度向上につながる取り組みを紹介する。(2018/6/1)

Oculus Go! Go! Go!:
Oculus Goに進化版データグローブ「VRfree」がやってくる
Oculus Goで10本の指を駆使した操作ができるかもしれない。(2018/5/31)

パナソニック モバイルコミュニケーションズ:
屋外ではなく“屋内”現場でスマートに使えるタフネス端末「TOUGHBOOK FZ-T1」
パナソニック モバイルコミュニケーションズは、物流、製造、小売など屋内現場の利用を想定した小型、軽量の5.0型頑丈ハンドヘルド端末「TOUGHBOOK FZ-T1」を、2018年10月をめどに販売開始する。機能やタフネス性能を抑え、屋内利用できるスマートなデザインの端末がほしいといったニーズに応える。(2018/5/31)

ブランドは「TOUGHBOOK」に統一:
パナソニック、スマホ機能付き頑丈ハンドヘルド「TOUGHBOOK FZ-T1」を披露 特徴は?
パナソニックの法人向けタフネスタブレットブランド「TOUGHPAD(タフパッド)」と、同じく法人向けタフネスPCブランド「TOUGHBOOK(タフブック)」がブランド統合される。その第1弾商品として、スマートフォンとしても使えるハンドヘルドタブレット「TOUGHBOOK FZ-T1」が登場する。(2018/5/30)

製造現場向け機器:
頑丈さは維持して価格は半分、現場の人手不足を支援する屋内向け頑丈端末
パナソニックモバイルコミュニケーションズは2018年5月29日、業務用の頑丈端末「TOUGHBOOK(タフブック)」シリーズとして、5型のハンドヘルド端末「TOUGHBOOK FZ-T1」を開発し2018年10月に発売すると発表した。(2018/5/30)

「超可愛い」「結婚して」 マギー、王子様が一目でメロメロになりそうなシンデレラに変身する
ガラスの靴を落とす前に求婚されそう。(2018/5/24)

「デュアルカメラ」モデルが充実:
ドコモが夏モデル発表 復活のHUAWEIスマホ「P20 Pro」は3眼カメラ搭載
NTTドコモが、スマホ・タブレットの2018年夏モデルを発表。3種のカメラを搭載した「HUAWEI P20 Pro HW-01K」など11機種をラインアップした。いずれも複数のカメラを備え、高画質な画像・映像の撮影に適したモデルだ。(2018/5/16)

“1000回落としても壊れない”タフネススマホ「TOUGHBOOK P-01K」、NTTドコモから今夏発売
NTTドコモが、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製のタフネススマートフォン「TOUGHBOOK P-01K」を2018年夏に発売する。(2018/5/16)

再現度高すぎ! Fate/Grand Orderの概念礼装「ルーンストーン」をレジンで3次元に召喚
作ってみたい。(2018/5/15)

特別キャンペーンを展開中:
IoTでの使いやすさを追求、組み込みプラットフォーム
アットマークテクノは、「第7回 IoT/M2M展【春】」で、産業用組み込みプラットフォーム「Armadillo-640」や国内3キャリア対応のIoT(モノのインターネット)ゲートウェイ「Armadillo-IoT」などについてデモ展示した。(2018/5/14)

スマホ初心者向け「DIGNO J」と「シンプルスマホ4」、ソフトバンクから
ソフトバンクが、スマートフォン初心者向けモデルを7月上旬以降に発売する。京セラ製の「DIGNO J」は便利なショートカットを備えた「かんたんビギナーホーム」を搭載。シャープ製の「シンプルスマホ4」は、60代以上のユーザーをターゲットにしている。(2018/5/10)

トヨタ生産方式で考えるIoT活用【実践編】(3):
品質保証体制を強化するためのIoT活用はどのように実践すべきか(その2)
日本型モノづくりの象徴ともいうべき「トヨタ生産方式」の利点を生かしたIoT活用について、実践編として、より具体的な「導入のポイント」や「活用する手段」を説明する本連載。第3回は、品質保証体制強化におけるIoT活用のうち「蓄積」について解説します。(2018/5/9)

ハノーバーメッセ2018:
思ってるだけじゃ足りないの、伝えることで広がる人とロボットの協調の世界
ドイツのFestoは、ハノーバーメッセ2018において、人の動態情報を伝えることでロボットと円滑に協調できるコンセプト展示「BionicWorkplace」を披露した。(2018/5/2)

組み込み開発ニュース:
迷宮入り殺人事件も解決したNECの6つの生体認証技術で新たな価値を編め
NECは同社の生体認証ブランド「Bio-IDiom(バイオイディオム)」に関する記者説明会を開催。生体認証事業関連の組織を増強し、いよいよグローバルでBio-IDiomを本格展開していく。同社が強みとする6つの生体認証技術やグローバルでの事例についても紹介した。(2018/4/19)

キッチンの排水口の掃除の仕方、教えて!
汚れがたまりやすいキッチンの排水口。日々の掃除から、しっかり洗浄する方法までご紹介します。(2018/4/19)

クリック操作だけ:
ソフトの知識がなくても、モーターを回せる開発キット
ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)は2018年4月18日、モーター駆動システムを短時間かつ、容易に開発できるキットの発売を開始し、展示会「テクノフロンティア 2018」でデモを公開した。(2018/4/19)

古田雄介のアキバPickUp!:
第2世代Ryzenが4月19日22時に販売スタート
AMDの新型Ryzenの発売が告知され、一部のショップは深夜販売イベントの実施予定も明らかにした。一方のIntelからは、新しい「Optane SSD 800P」が売り出されて話題になっている。(2018/4/16)

TGC2018 S/S:
今泉佑唯、小林由依、土生瑞穂、守屋茜、渡辺梨加、渡邉理佐がランウェイで魅せた! 欅坂46メンバー登場ステージを画像100枚で振り返り
これぞ理佐様、と言わざるを得ない。(2018/4/1)

「声出して後ずさったわ」 洗濯機から這い出る手の画像にネット民も「ガチでビビる」 その正体はまさかのアレ
おわかり頂けただろうか……。(2018/3/27)

作業者の安全性向上に大きな需要
「ウェアラブルデバイスの普及は職場から」と専門家が明言する根拠
ウェアラブルデバイスは一般消費者向けよりもまず業務用途での普及が予測される。その理由とは。(2018/3/25)

オンキヨー、バッテリーシェア機能を搭載したタフネスSIMフリースマホ「S41」発売
オンキヨーは5000mAhの大容量バッテリーを搭載し、付属のOTGケーブルを介して他の端末の電源としても利用できるバッテリーシェア機能を備えたタフネスSIMフリースマホ「S41」を3月中旬に発売する。(2018/3/14)

コスプレ用の手袋がスマホ対応になる液体「COS☆魔法」 商品化に向けてクラウドファンディング
コスプレ用の手袋をしたままスマホを操作できるようになります。(2018/3/6)

PR:成功の秘訣は寸劇? ANAエアポートサービスのビジネスチャット導入事例から学ぶ
せっかくシステムを作ったのに、誰にも使ってもらえなかった……。そんな経験のある情報システム部門は少なくないだろう。真にユーザーに使ってもらえるシステムを作る手法として、菱洋エレクトロが進める「デザイン思考」を、ANAエアポートサービスの導入事例から見てみよう。(2018/3/1)

画像・動画編集にも:
メーカー製ならではの丁寧な作り! レノボのゲーミングPC「Legion Y720 Tower」(Ryzen×RADEONモデル)を試す
レノボ・ジャパンの「Legion Y720 Tower」シリーズは、最新CPUと最新GPUを組み合わせたWeb直販限定のタワー型ゲーミングPCだ。この記事では、RyzenとRADEONを搭載する「AMDモデル」の最上位構成をレビューする。(2018/2/23)

平昌五輪で「5G」をプレビュー そこで見えた課題と、東京五輪への要望
2019年以降の商用サービス開始を予定している次世代通信「5G」の実証実験が各所で行われている。「インダストリー4.0」の土台となるといわれている5G技術で、何が変わるのだろうか。平昌五輪でその一端を見てきた。(2018/2/21)

迫力満点! さっぽろ雪まつり「ファイナルファンタジー」のプロジェクションマッピングに行ってみた
雪を溶かしそうな熱い戦いがそこに。(2018/2/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.