メディア
連載
» 2017年01月31日 11時00分 公開

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(4):フェライト(4) ―― 使用上の注意点 (3/4)

[加藤博二(Sifoen),EDN Japan]

特性曲線群

 ここで取り上げる特性曲線はいわゆる仕様(Spec)ではありません。しかし、設計者が回路で使用する動作点もまた仕様書の試験条件ではありません。この両者をつなぐのが特性曲線群です。
 この特性曲線を利用して動作条件が管理条件のどの位置へ投影されるかを判断しなければなりません。

 主なものとして次の表3、表4に示すものがありますが、材料特性のように部品形状に依存しないものと、ALやNI(sat)値のように部品形状に依存するものがありますので材料仕様書と部品仕様書に分けると管理しやすいかと思います。

形状依存特性の例

表3:コア固有の特性曲線

材料特性の例

表4:材料主要特性曲線 (クリックで拡大)
出典:日立金属[Products Guides Soft Ferrite HJ-B3-D]
   *印は、「TDK フェライト概要 001-01/20140130/ferrite_summary_ja」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.