メディア
連載
» 2020年09月10日 11時00分 公開

ユニバーサルカウンターの基礎知識(1):さまざまな時間測定器やユニバーサルカウンターの測定項目 (4/8)

[TechEyesOnline]

ヘテロダイン周波数計

 ヘテロダイン周波数計は、未知の周波数と周波数が校正された可変周波数信号源をヘテロダイン回路によって周波数の差分を得て、差分の周波数をヘッドフォンによって人が聞く仕組みとなっている。未知の周波数と可変周波数信号源の周波数が近づくと音の周波数(音程)は低くなり、一致した時は人が聞けなくなる。それによりの未知の周波数を知るとこができる。

図9:ヘテロダイン周波数計のブロック図 出典:Frequency Measurements(ELECTRONICS TECHNICIAN 3、1963 U.S. NAVY Training Course)

 ヘテロダイン周波数計はカウンターが登場する前までは無線通信の分野で広く使われていたが、取扱いに熟練が必要なため現在では使われなくなった。

図10:アメリカ海軍で過去に使われていたヘテロダイン周波数計 出典:LM21 HETERODYNE FREQUENCY METER

空洞波長計

 吸収型波長計の一種であり、主にマイクロ波の周波数測定用に使われている。測定確度は高くないが安価なため現在でも使われている。

図11:空洞波長計の構造

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.