メディア
連載
» 2019年01月10日 11時00分 公開

Wired, Weird:海外通販サイトからの部品購入メリットと難しさ (1/4)

生産中止品など入手困難な部品を安く手に入れるために海外の通販サイトをよく利用している。そこで今回は、筆者が経験した海外からの部品購買で出くわしたトラブル事例と、どう対処したかを紹介しよう。

[山平豊(NSS九州),EDN Japan]

⇒「Wired, Weird」連載バックナンバー一覧

 古い機器の修理で一番の悩みは生産中止になった部品を手に入れることだ。国内の専門業者から生産中止品を購入すると、価格が生産されていた当時の10倍以上になっていたものもあった。これでは修理するよりも代替機を購入した方が安上がりになる。故障した機器の修理を安価に行うには生産中止品でも安く購入することが必要だ。しかし、値段が安ければ、その分、コピー品や不良品、中古品をつかまされるリスクも高まる。そのため入手した部品が使用可能かどうかの検査が重要で、適切な検査機器も必要になる。筆者は電子部品の検査には海外から安価に買った試験機器「LCR-T4」(=図1)を使っている。

図1:購入した部品の検査に使用している試験機器「LCR-T4」

 LCR-T4は2端子、3端子の電子部品を簡単に検査できる。なおLCR-T4の弱点は測定端子に電圧をかけるとLCR-T4が破損することだ。電圧が残っている電解コンデンサーに接続すると一発でLCR-T4が壊れてしまう。電解コンデンサーの測定では事前に放電する必要がある。

価格の安いアジア系通販サイトにもある返金システム

 さて、部品を買うには、海外の通販サイトから購入することだ。しかも、アジアの通販サイトでは、価格が安い上に、「Free Shipping」(=送料無料)であることが多い。価格があまりに安いために、『部品がきちんと届くか』や『正常に動作する部品なのか』という不安を抱かざるを得ない。ただ、通販サイトの管理者も、そうしたユーザー側の不安にうまく対処したシステムを作っており、部品が届かなかったり、壊れていたり、正常に動作しなかったりした場合は支払った費用を返却する「Refund」(=返金)を保証している。

 このためにSeller(=出品者)は正常な部品を販売するように心掛けざるをを得ない。もし、不良品を販売したら、送った部品は戻らず費用は返却することになって丸損になってしまうからだ。不良品の出荷を防ぐため、sellerは出荷直前に販売する部品の検査を行うが、これは部品納期の時間ロスにつながることがある。

 最近は古い装置に使用されている部品を探してほしいという顧客の要望が増えてきた。海外からの電子部品の購買の経験を生かして対応しているが、難しい問題にぶつかった。今回は海外からの部品購買で発生したトラブル事例と対応方法を紹介しよう。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.