メディア

サイトポリシー

サイトポリシー

サイトポリシー

本Webサイトの利用条件

本Webサイトをご利用いただく方(以下、「お客様」といいます)は、以下の利用条件に同意いただいたものと見なします。ルネサスエレクトロニクス株式会社(以下、「ルネサス」といいます)およびアナログ・デバイセズ株式会社(以下「アナログ・デバイセズ」といいます。)は、予告なく利用条件を変更することがありますので、最新の内容をご確認くださいますようお願いいたします。

本Webサイトより他のサイトに移動される場合には、各サイトで掲載されている利用条件にも同意いただく必要がありますのでご注意ください。

 

知的財産権の保護

本Webサイトに掲載される製品・サービス・技術に関する情報および文章・図表・画像・写真・映像等(以下、総称して「コンテンツ」といいます)は、著作権法その他各種の条約・法律等で保護されています。お客様は、私的使用など法律・条約等で認められる範囲内でのみコンテンツを利用できます。上記を超えた利用(複製、改変、送信、頒布、譲渡等を含みます)はルネサスおよび/またはアナログ・デバイセズの明示の許諾が必要です。
上記を除き、本Webサイトはお客様に対してコンテンツに関する著作権、特許権、商標権その他の知的財産権に関するいかなる権利も許諾するものではありません。
なお、個々のコンテンツについて個別に利用条件が示されている場合には当該条件が優先されます。
本Webサイト上で使用されるルネサス、アナログ・デバイセズまたは第三者の商号、商標および標章は、商標法、不正競争防止法およびその他の法律で保護されています。これらを権利者の明示の許諾なく使用することはできません。

 

禁止事項

お客様が本Webサイトをご利用されるにあたり、次の行為を禁止します。

 

1) ルネサス、アナログ・デバイセズもしくは第三者の財産、権利もしくはプライバシー等を侵害する行為、またはそのおそれのある行為。
2) ルネサス、アナログ・デバイセズまたは第三者を誹謗、中傷または脅迫する行為。
3) ルネサス、アナログ・デバイセズもしくは第三者に不利益、損害を与える行為、またはそのおそれのある行為。
4) ルネサス、アナログ・デバイセズまたは第三者の名誉または信用を毀損する行為。
5) 公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為。
6) 営業活動またはその他の営利行為のために利用する行為。
7) 法令、条例等に違反する行為、またはそのおそれのある行為。
8) コンピュータウィルス等の有害なプログラムを使用もしくは提供する行為、またはそのおそれのある行為。
9) 虚偽の登録、申告、届出を行なう行為。
10)本Webサイトの内容を不正に改ざんする、サーバ通信に障害を生じさせる、不正なデータを埋め込むなどして本Webサイトの運営を妨害する行為。
11)前各号の他、ルネサスまたはアナログ・デバイセズが不適切と判断する行為。

 

商品/サービスの対象国

本Webサイトに掲載されている情報は、日本国内向けに提供する商品、サービスに関するものであり、日本に在住している方のみが購入、入手または利用が可能です。なお、個々の商品もしくはサービスについて個別に提供する国/地域が示されている場合には、これが優先されます。

 

お客様からの情報の提供

ルネサスおよびアナログ・デバイセズは、お客様が本Webサイト上でお客様の機密情報や新しい製品、サービス、技術その他についてのアイディア等のご提案を提供することをお断りしています。
このような情報やご提案の提供を受けた場合、お客様は以下の取り扱いに同意いただいたものとさせていただきますので、あらかじめご了承ください。
1)ルネサスおよびアナログ・デバイセズはご提供いただいた情報、ご提案について、秘密保持の義務を負いません。
2)ルネサスおよびアナログ・デバイセズはご提供いただいた情報、ご提案について、検討、評価、採用の義務を負いません。
3)ご提供いただいた情報、ご提案の全部または一部と同一または類似の情報、提案をルネサスまたはアナログ・デバイセズが採用した場合も、ルネサスまたはアナログ・デバイセズはお客様に対して対価などの支払いも含め、いっさいの責任を負いません。

 

商標について

本Webサイトに記載されている社名や商標名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

 

その他の商標

以下のリストはこのWebサイトの中で扱われている商標を示しています。 このリストは便宜を図る目的で提供されており、何ら法的な立場を示すものではありません。リストの中の情報は商標を所有している企業から提供された情報に基づいています。したがって、ルネサスおよびアナログ・デバイセズはこのリストにおけるどんな誤りや省略についても責任を負いかねます。

 

商標 権利を保有する会社または団体
Adobe, Adobe Reader Adobe Systems Incorporated
Android Google
ARM ARM Ltd.
Bluetooth Bluetooth SIG, Inc.
Dolby Dolby Laboratories, Inc.
DivX DivX, Inc.
DTS, DTS-HD DTS, Inc.
HDMI HDMI Licensing, LLC
I2C NXP Semiconductors
Linux Linus Torvalds
Microsoft, Windows 米国Microsoft Corporation
Macrovision Macrovision Corporation
MIPS, MIPS32, 4K, 4Kc, 4Km, 4KE, 4KEc, 4KEm, 24KEc, MIPS I, MIPS II, MIPS III, MIPS IV MIPS Technologies, Inc.
OpenCORE Packet Video
OpenMAX Khronos Group
Qtopia TrollTech
RDRAM Rambus, Inc.
SuperFlash Silicon Storage Technology, Inc.
x.v.Color ソニー株式会社
ZigBee ZigBee Alliance, Inc.

準拠法および管轄裁判所

本WebサイトおよびWebサイト利用条件には日本法を適用します。また、本WebサイトおよびWebサイト利用条件に関する紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

 

Cookieについて

Cookieとは、Webページサーバによってお客様のPCのハードディスク上に置かれる小さなテキストファイルで、登録手続きや参照を確実に行うために使用されます。Cookieによりプログラムが実行されたり、お客様のPCにウイルスが運ばれることはありません。
Cookieの主な目的は、お客様の時間を節約する便利な機能を提供することにあります。例えば、あるWebページを独自の方法で使用する場合やサイト内 でページからページへ移動する際、Cookieを使用することで、次にそのサイトを訪れたときにプロファイル情報を呼び出しやすくなります。
さらに本Webサイトでは、Webビーコンという技術をCookieをとともに使用しています。Webビーコン(クリアGIFまたはアクションタグとも呼 ばれます)は、Webページ、ブログ、ニュースレターの主な項目(リンクや画像等)がクリックされた回数など、サイトの利用状況に関する統計をとるための ツールであり、特定の個人を識別するものではありません。また、これらの本Webサイトに関する統計は、ルネサスおよびアナログ・デバイセズの提携会社と共有する場合があります。
なお、お客様のご判断により、ブラウザの設定を変更することでクッキーの受け取りを拒否することが可能です。ただし、その場合は、ご提供のサービスの一部あるいは全部がご利用できなくなる可能性があることにご留意ください。

 

Webブラウザ

本Webサイトは、Microsoft Windows環境下で、Internet Explorer 8.0以上、または最新のFirefox、Google Chrome、Operaのいずれかでご覧いただくことを想定して作成していまが、この環境下であっても、全てのページにおける正常な表示・動作を保証するものではありません。

 

提供:ルネサス エレクトロニクス株式会社 / アナログ・デバイセズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:EDN Japan編集部/掲載内容有効期限:2015年5月31日

Copyright© 2019 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


2015年3月9日

津田建二の技術解説コラム【海外編】に知ってるつもりの外国事情(6)――IMECに見る研究開発のあり方を追加

2015年2月9日

津田建二の技術解説コラム【歴史編】に半導体の温故知新(6)――MOSトランジスタの次はTFET?を追加

2015年1月13日

津田建二の技術解説コラム【入門編】に半導体の基礎知識(6)――パワー半導体の広がりを追加

2014年12月8日

2014年11月10日

2014年10月13日

津田建二の技術解説コラム【入門編】に半導体の基礎知識(5)――ワイヤレスに必要な半導体を追加

2014年10月6日

2014年9月8日

津田建二の技術解説コラム【海外編】に知ってるつもりの外国事情(4)――業界用語の常識を海外と比較するを追加

2014年9月1日

2014年8月11日

津田建二の技術解説コラム【歴史編】に半導体の温故知新(4)――IBM30億ドル投資の裏にCMOSの凄さありを追加

2014年7月28日

2014年7月14日

津田建二の技術解説コラム【入門編】に半導体の基礎知識(4)――IoTを定義しようを追加

2014年7月11日

2014年6月30日


2014年9月、ルネサス エレクトロニクスのイベント「DevCon Japan2014」にて、加賀デバイスブースにてソリューションエッジのインターポーザボード「SE SP-01」を使ったデータ・アクイジション・システムのデモが披露されました。今回は、このデモの詳細を加賀デバイスの開発担当者自らがご紹介します。

アナログ・デバイセズの実用回路集「Circuits from the Lab」を活用して、ルネサス エレクトロニクスのマイコン評価環境とつないで、お手軽、簡単データアクイジションシステムを構築してみましょう!

ソリューションコラムでは、これまでSE SP-01を使用したさまざまなバリエーションのデモをご紹介してきました。今回ご紹介するのは、アナログ・デバイセズの超低消費電力18ビット1Mサンプル/秒のA/DコンバータAD7982を、なんとGR-KURUMIを使用して制御&デバッグをします!

電子工作好きの皆さんにはおなじみの小型電子工作ボード(ガジェット)「GR-SAKURA」。このGR-SAKURAにセンサーを接続していろいろな装置作りにチャレンジしている方も多いと思います。そして、いろいろ工作しているうちに「もっと高精度なセンサーを使いたい」という欲求が生まれているかと思います。でも、高精度センサーをGR-SAKURAを接続するには、結構な技術力が要求されます。そこで、今回、Solution-Edgeオリジナルのインターポーザボード「SE SP-01」を使って、GR-SAKURに高精度センサーを手軽に取り付ける手順とプログラムをご紹介します。ぜひ、皆さんもSE SP-01でGR-SAKURAを究極まで進化させてください。

前回のソリューションコラムでは、SE SP-01を使って手軽にシステム構築ができる一例を紹介しました。今回は、前回に組み上げた評価環境を実際に動作させていく様子をご紹介します。SE SP-01の素晴らしさを、よりご理解頂けると思います。

アナログ・デバイセズ製の各種デバイスと、ルネサスエレクトロニクス製マイコンボードを簡単につなぐことができるようになるインターポーザボード「SE SP-01」。実際どれくらい簡単なのでしょうか。早速、SE SP-01を使ってシステムを組んでみましょう。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.