Special
» 2013年01月28日 00時00分 UPDATE

これだけは知っておきたいアナログ用語:SNRとSFDR

[PR/EDN Japan]
PR

photo

SNRとSFDR

 SNR、SFDRは、ともにA/Dコンバータのダイナミック特性を示す代表的な指標として用いられている。

 SNRはSignal-to-Noise Ratioの略で、日本語では信号対雑音比と呼ぶ。SN比、S/N比、S/Nと表記することもある。A/Dコンバータだけでなく、アナログ回路の一般的な性能指標として、計測、音声、画像、通信などさまざまな分野で用いられている。

 SNRは、一般に

SNR=信号電力の実効値/雑音電力の実効値

によって求められ、通常は対数を取ってdBで示す。信号をフルスケール値で表す場合、特に単位をdBFSと表記することがある。

 A/Dコンバータでは、雑音には量子化雑音を含まれているため、SNRは分解能Nの影響を受ける。量子化雑音以外の雑音がない理想的なNビットのA/Dコンバータに正弦波信号を加えたときのSNRは、

SNR=6.02N+1.76 [dB]

となる。実際のA/Dコンバータでは、量子化雑音以外の雑音の影響が大きいため、当然これよりもSNRは低い値になる。

 SFDRはSpurious Free Dynamic Rangeの略で、日本語では通常そのままカタカナ読みでスプリアスフリー・ダイナミックレンジと呼ぶことが多い。

 スプリアスは「偽」という意味で、交流信号を扱う回路で元々の信号には含まれていない周波数成分が発生するとき、その不要成分を指す。

 A/Dコンバータに正弦波の搬送波信号を入力すると、非線形性に起因する高調波成分がスプリアスとして発生する。このスプリアスのうち最も大きいものと入力信号の比を、スプリアスの影響を受けない信号のダイナミックレンジという意味で、SFDRと呼ぶ。

 このとき、SFDRを搬送波(Carrier)を基準としてdBで表すことから、単位をdBCと表記することが多い。

mm130128ti_snr_fig1.jpg 図1 SNRの定義
mm130128ti_snr_fig2.jpg 図2 SFDRの定義

 例えば、テキサス・インスツルメンツ(TI)社のADS42JB69は、2チャネル16ビットで250Mspsという超高速を実現したJESD204B対応の高速シリアルA/Dコンバータである。SNRは最大74.9dBFS、SFDRは最大89dBCと、ダイナミック特性もきわめて優れており、無線基地局や超音波診断装置などのアプリケーションで、従来にない高速・高感度のレシーバを実現できる。


これだけは知っておきたいアナログ用語 バックナンバー





Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本テキサス・インスツルメンツ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:EDN Japan 編集部/掲載内容有効期限:2013年3月31日

設計に役立つヒント集

宮崎 仁のQ&Aでよく分かるマイコン基礎の基礎:
第24回 割り込みっていろいろあるのですか?どんな種類があるか教えてください。

今回は、外部割り込み、内部割り込み、ソフトウェア割り込みについて詳しく解説しています
全文を読む


電源IC選択のヒント集
電源IC 使用時の注意点をわかりやすく説明しているほか、使用時に発生する可能性のあるさまざまなトラブルとその対処法についても紹介しています。ぜひご利用ください。ダウンロードには myTI アカウントが必要です。
Part 1をダウンロード
Part 2をダウンロード


アナログ回路設計式一覧ポケット・ガイド
日本語版 PDF

英語版で高い評価を受けてきたポケット・ガイドの日本語版が完成しました。基板レベルやシステム・レベルの回路設計でよく使われるアナログ設計式を紹介しています。ダウンロードには myTI アカウントが必要です。
ダウンロード



facebook & twitter

製品情報、セミナーや展示会などのイベント情報をお知らせしています。

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.